2007年01月09日

『へうげもの』感想

今日は最近購入した
『へうげもの』というタイトルの歴史漫画を
ご紹介したいと思います♪(^ー^)



この本が凄い!
とっても変てこ!!!(@皿@;)



その変てこな所を紹介しようと思うのですが
まずはアマゾンの書評を紹介してみましょう。




へうげ→ひょうげ【剽軽】ふざけおどけること。(広辞苑より)


群雄割拠、下剋上の戦国時代。
立身出世を目指しながら、
茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。
織田信長の家臣・古田左介(ふるたさすけ)。


天才・信長から壮大な世界性を、
茶聖・千宗易(利休)から深遠な精神性を学び、
「へうげもの」への道をひた走る。


生か死か、武か数奇か。それが問題だ!!



それが問題だ!なんて言ってますが
ある意味問題作。(^^;)


なぜならば、戦国時代を舞台にした漫画ながら
「物欲」をテーマにした漫画だからだ。(笑)


物欲と言っても城や領土の話しではない。
茶器なのだ!!


この主人公、茶器の事しか考えてない。



松永久秀に降伏をすすめに行った時は
「平グモの茶釜」に目を奪われ
久秀の話しなんて聞いていないし。


逃亡中の荒木村重を発見した時には
「荒木高麗」を譲ってもらう事で
逃亡を見逃してしまったり。(爆)



武人としてあるまじき行為を
茶器の為にやってしまうのである。(^^;)


そしてそんな主人公が尊敬しているのが
信長様だったり利休だったりするのである。



その信長様がまた凄い!!
有り得ない兜を平気で着こなしている。(笑)



heugemono.jpg


(注:中身は信長様。(爆))





始め、一体どこから来たロボットかと思った。(笑)
兜(?)でこんなのですから
兜を脱いでも凄い訳で、
実際の信長様は耳にピアスをしていたりする。



戦国無双の信長様も格好良いが
この信長様もイカス感じではある。(笑)



こんな信長様、
そして茶器や茶道に興味がある方は見てみて下さい。



「へうげもの」への仲間入りをしましょう♪(^ー^)







この記事が参考になった方は
クリックお願いします!
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 20:20 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 漫画
2006年10月29日

『STOP劉備くん!』&『GOGO!玄徳くん!!』の感想

今日は最近、幾人からお薦めされていた
三国志・四コマ漫画の傑作


『STOP劉備くん!』&『GOGO!玄徳くん!!』


の感想を書きたいと思います♪
(各タイトルとも3巻づつで6巻分)



作者は白井 恵理子先生。



何日か前に紹介した
「天の華・地の風」の大ファンだそうで、
その小説のネタも結構含まれています!(^3^)



絵はすっごい上手いという訳ではないのですが
味のある可愛いキャラ達になっています♪
孔明も劉備も曹操も皆可愛いんですよ〜。



各キャラ事に先生のキャラ付けがされていて
中でも董卓は凄い味付けがされています!!(^^;)



それというのも、
董卓の少女趣味(?)。
夜はフリフリのネグリジェで髪にはカラーを巻き
頭にリボン…。

あまつさえ、刺客をストーカーと勘違いし
ボエムが大好きな中年おやじ。
言葉も勿論、少女言葉…;







…一体どこからきた設定だ?(笑)



他に、趙雲はいつでもどこでも合戦中でも
阿斗を背負っていたり、
夏侯惇のとれた目玉が目玉おやじになっていたり、
周瑜は小喬に尻に敷かれっぱなしだったり。

魏延が美形だったり。(爆)



中でも私が好きだったキャラは
姜維♪



可愛いんです、この子。↓


kyoui-1.jpg




私の拙い絵では可愛さが表現出来てませんが;
この漫画の姜維はちょっと泣き虫。



困った事があったらすぐに丞相の裾に隠れちゃいそうです。(^ー^)
イラストのように丞相のぬいぐるみとか
持ってそうです;
(しかも一緒に寝てそう。(笑))



そして、そんなキャラ達の
ネタも三国志ならではの笑いだったり
現代のネタを三国志のキャラ達が演じたり、
バラエティーに富んでいます♪




三国志に興味がある方は
是非、読んでみて下さいな♪(^∀^)



因に、初めは角川書店から発行されて
絶版になり
現在はメディアファクトリーから新作もプラスさた
復刊が発売されております♪


私が好きなのはやっぱり
「天華」ネタ!!
ya.gifrank_006.gif




posted by アオ at 20:44 | 大阪 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 漫画
2006年10月27日

『三国志断簡 地涯の舞』 桑原 祐子

今日は三国志の漫画を紹介したいと思います♪


タイトルは
『三国志断簡 地涯の舞』
作者さんは桑原 祐子先生です。


実はこのシリーズの一巻目のレビューも昔に書いていますので
よろしければ先にそちらの記事を見て頂けると
分かりやすいかもしれません。(^^;)



三国志断簡 空明の哥   桑原 祐子
http://kamennokokuhaku.seesaa.net/article/12316523.html



このコミックスは三国志に登場する人達の
それぞれの生き方を読み切り形式で載せていまして
前巻は郭嘉、陸遜、姜維の3人。


そして今回は武将にスポットをあて、
典韋、趙雲、凌統&甘寧の武将達のお話です。



…凌統&甘寧の人選がやけに無双チックですが
きっとプレイされているんでしょうね。(笑)



今回一番良かったお話は
趙雲の番・外・編(笑)
本編の長い方ではなく、番外編!




この話は樊氏との縁談話を断ったのを
劉備や孔明に真相を聞かれるという話。



格好良い顔で


『この世に女はくさるほどいますから』


と、あの有名な台詞をさらっと言いのける彼が
素敵♪




しかも、1ページ使っての荒技。(笑)
作者の並々ならぬ趙雲への愛が見て取れます。(^3^)



前巻のレビューをした時も書きましたが
この作者さんはBLもの(いわゆる男×男)を
生業にされている作家さんなので男は格好いいですよ〜。


しかし、さらっとした絵柄の為に
戦シーンもさらっと終わります。(^^;)
血なまぐささは一切ありません;



私は前巻、『空明の哥』の方が大好きですね!
前巻の方がお薦めです!!


せつない系がお好きな方は
是非、前巻の方を読んで下さいませ♪(^3^)



今日はデスノートの映画を放送しますね〜。
漫画が大好きなんでバッチリ観ますよ〜♪
ya.gifrank_006.gif





**訂正**

昨日の記事でプレミアムボックスの事を
エキストラボックスと表記しておりました。
申し訳ありません。

飲酒後の記事は念には念を入れてチェックしないといけませんね;
posted by アオ at 18:57 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画
2006年10月01日

『彩雲国物語』

土曜日の「BLOOD+」が終わり、
美形に飢えた私、アオは
新たな美形を探しておりました。(笑)



そんな所にある漫画に出会ったのです♪


その名も『彩雲国物語』!!

同タイトルの小説がヒットし、
アニメ、漫画化した話です。(^ー^)



で、私が読んだのは漫画!



世界観などを少し説明すると
舞台は「彩雲国」という中国チックな世界です。



そんな世界に名家の娘がいます。
しかし、名家とは名ばかりでとっても貧乏。(^^;)


そんな所に超高級のバイトが舞い込みます。

それは何と、



「若きダメ王様」の教育係!!




で、形ばかりに後宮に入って
色々事件が起こるって話です。




…話をたっぷり省略しましたが
私が書きたいのは主人公じゃないんです!!(爆)





書きたいのは



『若きダメ王様』の事!!v( ̄ー ̄)v


昨今の美形切れを解消してくれる王様なんですよ!!(笑)




王様イメージ図↓(笑)


ryuuki-sai.jpg私のイラストじゃ
美形具合が伝わりにくいですね;



本当はもっとさらっとした美形です。(^^;)



名は劉輝。(りゅうき)
(劉備でも劉禅でもなく「劉輝」!!)


顔よし、頭よし、武術にも優れ、






男好き。




ん?もっかい言っておこうか?





男好き黒ハート(笑)


どうです?素敵な王様でしょ??(オイ)



性格は小さい頃に色々トラウマがあったものの
優しく、気高く、誠実で、
時に無邪気に笑ったりします。
ヽ(°◇° )ノ




う〜ん、そうだなぁ…。


無双光秀に子供っぽさをプラスした感じかな??
(微妙に分かりにくい例えだな;)



他にも美形はたくさんいるので
非常に目の保養になる漫画でした〜☆


アニメも観たいんですが
衛星かで観れないんですよ;




興味の湧いた方は是非ハートたち(複数ハート)


      dance.gif
やっぱ、美形はいいよね♪→ rank_006.gif





posted by アオ at 20:50 | 大阪 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 漫画
2006年04月19日

デスノート実写映画の話。

もうすぐ私の好きなデスノートの映画が公開されます〜。
ジャンプでも一つの山場を迎えてるデスノート…。
漫画も映画も目が離せない感じですが、
その映画の予告を見ました☆

短い予告編だったんですが、
予想していたよりいい感じでした♪(失礼な;)
映画はもとからあまり見に行く方ではないのですが
ちょっと見に行きたくなったり…。
でも、デスノは一緒に見に行ってくれる人はいないので…。
考えものですね。(^^;)
(テニプリの実写映画は友達と行く約束はしてるけど;)

ライトはまぁ、あきらめますが。(オイ)
Lが結構合ってそうな気がするので
ちゃんと見たいのにな〜。

TSUTAYAでも前売り発売してるし…。
でも一人で映画見るのもなんだか…。
うぅ〜、迷う――――!!


icon
icon




☆【特典全内容】
●カード型CD-ROM
 作品情報、壁紙3点、スクリーンセーバー2点、特報、予告編、
 藤原竜也メッセージ、
 シークレットサイトへのアクセスパスワード
●シークレットサイト
 スペシャル壁紙、メイキング映像、ゲーム、
 どこよりも早い情報先出し部屋など
●チケット絵柄もオンラインだけ違う!


ウインドウズの方はTSUTAYAから予告編が見れますよ!
私みたいにマックの方は上記リンクページに公式へのリンク場所があるので
そちら公式で予告編を見て下さい☆



【予約】DEATH BOX(デス・ボックス)
税込価格: 18900円

ファン垂涎の7大アイテムが入ったスペシャルBOX!

【「DEATH BOX」詳細】5月2日発売予定
・「小畑健画集 blanc et noir」の別バージョンカバー付のものを同梱。
・月(ライト)・L・ミサを忠実に再現したジオラマフィギュア付(全高約24cm)。
 PVC、ABS製。
・小畑先生デザイン・死神スカルオブジェ(置物)。
・小畑先生デザイン・死神眼球ペンダント。
・カラー原画レプリカ(6点) B4サイズ。
・モノクロ原画レプリカ(6点) B4サイズ。
・オリジナルデザインステッカー。


参考になりましたら
クリックお願いします!→ 
banner_03.gif


posted by アオ at 09:22 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | 漫画
2006年04月13日

三国志で『お兄ちゃん♪』

我ながらアホなタイトルですが;
今日は最近読んだ漫画の話。(まだ一巻目しか読んでないけど;)
ぶっ飛んだ設定が面白かったので
皆さんにも紹介しようと思って。(^ー^)

お話はタイトルでも書いた通り
「三国志」を元にしたお話。
でもこの漫画は何かが違った!!( ̄Д ̄;)

…それは、
関羽張飛女の子だったのだ!!(驚)


だから劉備のことを「兄貴」とか、
「お兄様」って呼ぶ訳です。


…あの関羽と張飛がね。( ̄ー ̄)ニヤリ
(いや、無双の二人じゃないから;)

しかも、この二人だけじゃなくて
夏侯淵、あまつさえ惇兄貴でさえ女体化です。(笑)
まぁ、劉備や曹操とかそういうの以外は
皆、女になっちゃってるって事です。(^^;)

でも董卓は女の子好きなグラマラス女性なんだけどね。(笑)

皆様も
たまには変わった三国志に触れてみてはいかがでしょう?(^ー^)

この記事が参考になった方は
クリックお願いします!
→ banner_03.gif


posted by アオ at 15:43 | 大阪 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | 漫画
2006年01月31日

新撰組異聞 PEACE MAKER

今日は漫画の話を一つ。
Peacemaker.jpg
この漫画は題名通り新撰組を題材にしたお話です。(見たら分かるよ;)
(貼付けた横の画像は新撰組っぽくない;)
主人公は新撰組隊士(土方の小姓)市村鉄之助。
漫画自体は二部構成になっていて、
今回紹介するのは一部の「新撰組異聞 PEACE MAKER」(池田屋までの話)の方です。
(二部は「PEACE MAKER鐵」(池田屋後の話)と題名が変わって出版されてます。
二部の話はまたの機会に…。)

この漫画のお勧め所は、戦闘シーンにあると思います。
過度にトーンを貼らず、線で画面の濃度が調整されているので見やすく、
スピード感があり、引き込まれます。
戦闘中に無駄な会話もなく、その人物の動き一つで心理面が描かれているのは流石です。
(実際に、池田屋を描いた5巻の後半部分はほとんど会話なし!
皆がみんな、真剣勝負で戦ってます。)
臨場感に溢れ、痛い事は痛いとちゃんと感じます。

そしてその他のお勧め所は、キャラがいいという事でしょう。
主人公の鉄之助の無鉄砲な性格や、
沖田さんの美人っぷり、(ちょっと女と間違います;)
鬼の副長の格好よさ♪
私は数ある新撰組をあつかった漫画の中でも、
この漫画の土方さんが一番好きですね。
長髪でめっちゃ優男。コレに惚れない女はいない(笑)
髪を切って洋服着てる土方さんも早く見たいです。

おぉっと、話が脱線してしまいましたが、
とにかく、池田屋のエピソードの部分は圧巻ですので
新撰組に少しでも興味のある方は読んでみて下さいってことです。


この記事が面白かった方はクリック!→ banner_03.gif











上段左から1〜6巻まで並んでます。(値段がバラバラですけど;)
posted by アオ at 16:46 | 大阪 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
2006年01月27日

デスノート実写映画化決定!

去年の記事にも書いたネット上での噂、どうやら本当だったようです。
びっくりだ。(@。@)
第一弾が6月に公開、第二弾が10月に公開されるようです。
結構間髪いれずに公開ですね;

今のところ配役で発表されているのが、主役の夜神月役は藤原竜也さん。
う〜ん、どうだろう…。
私的にはもっと美形の方にやって欲しかったかな?
(いや、藤原くんも十分美形の部類に入るんでしょうけど;)
かと言って、例をあげろと言われても難しい話ですが(ー_ー;)
だって、美形で頭がずば抜けてよくて、スポーツもできて、
ある意味純粋に世界を良くしようと大量殺人する男性ですよ?
そこいらの人間じゃ彼になりきるのは無理だと考えます。
しかし、頑張ってやって欲しいですが。(^、^;)

そういえば、5月に「DEATH BOX」なるものが発売されるようですが、
七大特典の内の一つ、月・L・ミサのジオラマフィギアが結構いい出来ですね。
少し月のシャツがはだけすぎな気もしますが。(サービスしすぎだろコレ(笑))
部屋に飾ると目立つでしょうね。
他にも気になったのは、小畑先生のモノクロ原画レプリカ!
あの美麗な漫画の原画ですよ!漫画描く人なら一度は見てみたいんじゃないでしょうか?
他にも小畑先生デザインによる死神スカルオブジェなど。色々ついているみたいです。


【予約】DEATH BOX(デス・ボックス)
税込価格: 18900円

ファン垂涎の7大アイテムが入ったスペシャルBOX!

【「DEATH BOX」詳細】5月2日発売予定
・「小畑健画集 blanc et noir」の別バージョンカバー付のものを同梱。
・月(ライト)・L・ミサを忠実に再現したジオラマフィギュア付(全高約24cm)。PVC、ABS製。
・小畑先生デザイン・死神スカルオブジェ(置物)。
・小畑先生デザイン・死神眼球ペンダント。
・カラー原画レプリカ(6点) B4サイズ。
・モノクロ原画レプリカ(6点) B4サイズ。
・オリジナルデザインステッカー。
(輸送用ダンボール入り・箱サイズは未定。)

品切れが予想されます予約はお早めに!

あなたの一票がランキングをかえる!
この記事が面白かった方はクリック!→ banner_03.gif





posted by アオ at 13:46 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
2006年01月26日

三国志断簡 空明の哥   桑原 祐子

今日は久し振りに歴史漫画について書きたいと思います。

この漫画はまあ、題名から分かるように三国志のお話。
短編が3本と番外編1本ですね。
 「花天月地」
   郭嘉と曹操の話
 「黒風之爪牙」
   夷陵の戦いの前の陸遜の思い
 「信風」
   姜維と孔明の話
 番外編「戀」
   趙雲が格好いいという話(笑)

この中で、私が一番お気に入りなのは「花天月地」(郭嘉と曹操の話)です。
友情なんかとはまた違う、男同士信頼し合った仲と言いますか。
二人の思いが非常に繊細に描かれております。
少し抜粋させていただきますが、郭嘉の台詞―――

 「他人の見ているものを一緒に自分も見てみたいと…
  そんなふうに思ったのは初めてだった」

 「殿と同じ夢を見てみたいと…」 
  
この台詞を星空の下で言うんですが、結構ぐっときます。
郭嘉自身、病でそう長くは生きられないと確信しての台詞ですから、
「夢」は夢のまま終わるんだと思うと少しホロリとします。
その台詞を受けての曹操の台詞―――

 「奉孝…私は夢の破片などいらぬ
  この掌をすり抜けてゆくものに興味はないのだ」

曹操も郭嘉の病気の事を薄々勘付いていながら、
こう言ってしまうんですよね。なんか、せつない。(;_;)

その他に、姜維と孔明を描いた話も切なくていいんです。
師である孔明に「蜀を頼みます」と言われその大役を果たそうとする姜維の、
ひたむきな思いが胸を打ちます。

絵柄自体はさっぱりしていて、描き込みが少なすぎる所がありますが(汗)
おやじも格好よく描いてしまう作家さんなので
読みやすいと思います。興味のわいた方は是非!

あなたの一票がランキングをかえる!
この記事が面白かった方はクリック!→ banner_03.gif





posted by アオ at 17:11 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画
2005年12月30日

デスノート実写映画化って本当なの??

う〜ん、ネットの噂を見ただけなんですが
何だか実写映画化な様な…
本当なのかな?噂に踊らされてる様な…
東映でみたいな事書いてありましたけど。

まぁ、デスノート大好きなんで
色々とメディア化するのは嬉しいんですけどね
(でも、そうなったらライト役は誰がやるのかが
私の中では大問題ですf^^;
そこいらの美形ではつとまりませんよ
あのキャラは)

しかし、情報元も曖昧な感じだし
あまり期待はせずに楽しみにしておきます


【予約】DEATH BOX(デス・ボックス)

小畑健

税込価格: 18900 �円

ファン垂涎の7大アイテムが入ったスペシャルBOX!

【「DEATH BOX」詳細】5月2日発売予定
・「小畑健画集 blanc et noir」の別バージョンカバー付のものを同梱。
・月(ライト)・L・ミサを忠実に再現したジオラマフィギュア付(全高約24cm)。PVC、ABS製。
・小畑先生デザイン・死神スカルオブジェ(置物)。
・小畑先生デザイン・死神眼球ペンダント。
・カラー原画レプリカ(6点) B4サイズ。
・モノクロ原画レプリカ(6点) B4サイズ。
・オリジナルデザインステッカー。
(輸送用ダンボール入り・箱サイズは未定。)

品切れが予想されます予約はお早めに!
posted by アオ at 20:46 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
2005年12月29日

諸葛亮孔明 時の地平線

諸葛亮孔明 時の地平線    1〜11巻
諏訪 緑
小学館PF<プチフラワー>コミックス

この漫画の凄い所はまず第一に
少女漫画で三国志をやった事だと思う
やっぱり、一般的には三国志などの歴史物は男性の読み物という
イメージが強いのにあえてこれですかという感じ。
でもそれはそれ、やはり少女漫画ならではの
心理面を主体にした描き方が読者を得ているのだと思う

例えばこの漫画の主人公である孔明は信念は強いんだけれども
打たれ弱いというか、(何だか矛盾してますけど;)
赤壁などでの戦いの後ではいつも食事がノドを通らないなどの
ナイーブっぷり
自分の策で沢山の戦死者が出ているのだから
それも分かるが、男性漫画だったらこんな孔明像は描かないと思う
成人後の初登場シーンなんて大根背負ってましたからね(^^;)
まぁ、悩める軍師さまといった所でしょうか

そして、その軍師様のライバル司馬懿が
これまた気の抜けるキャラデザ!
無精髭にボサボサな髪、挙げ句の果てには
タオルみたいな物を首に巻いてます(タオルじゃないと思いますが
タオルに見えて仕方がない)
無双の司馬懿がみたら激怒する事間違いなしです

そんな漫画ですが、これが中々面白い
後を引く漫画なんですよね〜
posted by アオ at 13:41 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画
2005年12月27日

センゴク 7巻

センゴク   7巻     宮下 英樹
講談社ヤンマガKC

待ちこがれたセンゴク7巻が、やっと読めました♪
この漫画はタイトルの通り戦国時代の話なんですが、
決戦3のゲームが面白かった人にはお勧めですね。
合戦風景とかが面白いんですよ!
槍ぶすまや、車がかりなどの兵同士の戦い方や後詰めなどの
戦略など、歴史好きな人はうなるんじゃないでしょうか

しかし、主人公は信長などの有名武将ではなく
仙石権兵衛秀久です。(秀吉隊の兵です)
聞いた事ありますか?私はないです(笑)
しかし、本当にいた人物です
この、絶妙な目の付け所がまたにくいです

新たな歴史の解釈なども盛り込まれた、この漫画
是非、お試しあれ
posted by アオ at 16:15 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画
2005年12月13日

「暗行御史の出頭だ!!」


【漫画】 
『新暗行御史』1、2巻  
尹 仁完(原作) 粱 慶一(作画) 小学館サンデーGXコミックス

カッコいい〜ハートたち(複数ハート)主人公のここぞという時の決め方が壮快!
水戸◯門に似て比なる漫画ですよ(笑)
それと、女の子の山道が可愛らしいですね。
ものごっつい格好してますが(^ー^;)いやらしさは感じませんよね、
不思議と。
それにしても、韓国の作家さんは基礎的な画力が高いと思うんですが
何故なのか…。
漫画家目指して漫画習いに専門学校通った私としては、
羨ましい限りだ
posted by アオ at 10:41 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。