2009年03月14日

『無双OROCHI Z』の感想ー!!

無双OROCHI Zプレイしてます。
ちょっとした感想でもー。


オロチ初のPS3ということで
映像が綺麗ですー。
敵兵も最多!
でもでも三國無双5よりは画面が見やすいです。
人の洪水に埋もれて自分どこ?敵どこ!?
って事にはならない程度です。(笑)


戦場で三成が多数の兵士を連れて進軍してて
とっても感動しました!!
是非これを戦国無双3で!!!
って思いましたがWiiなんで普通に無理です。(爆)


あの味方武将の行軍姿はマジ見て頂きたいです。
コーエー様、よくやった!
って思いました。(≧∀≦)


敵も多いので千人斬りも楽々達成♪


処理落ちはまぁ、ご愛嬌;
コンボとか気にしないヘタレゲーマーな私は
そんなに気にならないです。


三國無双のキャラは熟練度20で
5の衣装だったりリストラキャラは新規衣装が用意されていて
優待されてるなーって感じです。



三成や左近なんて…。
妲己や太公望よりも衣装少ないんですけど
どういう仕打ちでしょうかね。(T_T)


あのダサダサカラーチェンジは
もう痛過ぎるので止めて頂きたいんですけど…。(辛口!)
趣味悪いです…。


お市と政宗のちびっ子バージョンも楽しみにしてたのにな…。(ホロリ)


追加された三蔵法師と弁慶はまだ育て中なのですが
三蔵法師の攻撃が今までに無かった感じなので
楽しいです。(*^_^*)
敵を魅了するやつ面白い♪


弁慶は声優の無駄遣い。(笑)
諏訪部さんには美形の生意気男をやって頂きたいなー。
ってこんな事は遠呂智を置鮎さんがやるって
知った時にも書いたので
戦国無双3での参戦武将に期待しておきます☆
(遠呂智→元親。弁慶→?って図式です)



さて、各勢力をクリアしたら
待っているのは熟練度上げの作業ですかねー。(^3^)



posted by アオ at 22:01 | 大阪 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年08月15日

戦国終章『古志城の戦い』〜無双OROCHI〜

『無双OROCHI』78本目の記事です。
長かったオロチの記事(プレイ日記)も
今日で終わり。
(終章外伝は書いていないので)




戦国無双2の記事よりも多いですね〜。
最後の記事ということでイベント盛りだくさんで
いきたかったのですが
このステージ、イベント少ないんですよね。(笑)




ではでは、最後の記事どぞ。





▼戦国終章 古志城の戦い




信玄、謙信の参陣により
五丈原の戦いは連合軍の勝利に終わった。



一方で孫策や曹丕の軍も
遠呂智を追いつめていた。


遠呂智に抗うものをまとめ
遠呂智を打ち破る時が来た―。




古志城といえば噴火砲ということで
味方の被害が広まらないうちに
砲台を占拠しに広い戦場を走ります。
(私はあまり馬術を付けないので
普通に走って移動します(^^;))




すると途中で周瑜が
援軍としてやってきます♪




関平『信長様の想い、確かに届いていた…。
  勝てるぞ!』






いや、ただ小喬に会いに来ただけかも
しれないけどね。
(爆)



その後も順調に砲台を占拠していると
戦局の悪さを気にして妲己が進軍してきます。




関平『妲己か!遠呂智の前に
  お前を討ち取ってやる!』




妲己『ふーん、あなた
  お父さんがいなくても戦えるんだ。』




関平『…もう誰の背中も追わない。
  この戦で、証明する。』




妲己『あれ、どしたの?
  もっと怒るかと思ったのにな。』





この一連の戦で関平も成長したと
いうことでしょうか?



そしてその妲己を撃破後は
古志城の前で陣取る呂布を撃破しに向かいます。




阿国『やあ、ええ男はんやあ。
  うちと出雲においでやす。』




呂布『ふん、お前など貂蝉の足元にも
  及ばんわ。』




阿国『皆さん、最初は強情なんどす。』




最初は強情って。(^^;)



しかし5の貂蝉には敵う人はいないでしょ?
より美人になったよな〜。
早く動いている所見たいよ〜。(>_<)





そして信長様。



信長『呂奉先、うぬは何を望む?』



呂布『愚問だ、貴様らを討ち
  最強の武を得ることよ!』





いや、私たちを討ったって最強の武じゃないから!
…遠呂智がいるじゃん…。(笑)
で、その呂布を撃破すると
ついに遠呂智への門がひらきます。






遠呂智『呂布が倒されたか…。
   我に挑む価値があるようだな。
   来い、我にその武を示すがよい!』






長かった遠呂智との戦もこれで終わり。





関平『この手で、自分の力で
  道を開いてみせる!』




そして阿国さん。



阿国『可哀想に…。うちが案内しますよって
  根の国に帰りまひょ?』




…何か勘違いしている気がしますが
これも一種のナンパですかね。(^^;)



そして最後まで余裕たっぷりに
遠呂智に抗っていた信長様。





遠呂智『我に挑むか、魔王?』



信長『…それがうぬの望みなれば。』






この遠呂智を滅ぼし
新しい世を築くのだ!!!







そしてエンディング。
<ネタばれなので見ても良い方のみ
ドラッグし反転表示でどうぞ>






皆の攻撃を受け、倒れる遠呂智。




信長『これは始まり…、ぞ。』



信玄『成る程。これでは終われぬしな。』



謙信『然り。』




遠呂智が滅びたというのに
この三人はまだ争いを続ける気かと
呆れた凌統。




凌統『空気の読めない三人だっての!』



小喬もブリブリ怒って信長様に言います。




小喬『こら!また、戦するっての!?
  怒っちゃうよ!?』




その小喬の頭にポンと手をやる信長様。




信長『始めるのは戦にあらず。』



信玄『世を創りなおさ〜ん、ってな!』




その信玄の言葉を聞いて
一同安心し。微笑みます。



しかしその和やかな場から
立ち去る人物が一人…。




謙信『闘争……。』






振り返る一同。(笑)
(兼続、謙信公を止めろ;)








さて、ここまで全勢力分の日記を書きましたが
会話イベントとかって
結構偏っているような気がしました;




やっぱり、魏の曹丕&三成コンビと
蜀の趙雲&幸村コンビ。

この二つの勢力は凝った作りだった気がしますが
呉と戦国勢力は面白い会話イベントも少なかった
ように思います。
(というか、折角3人一チームなんだから
コンビにしなくてもいいと思うような…)




書いてる方も
テンション上がらんっていうか。(笑)
何だか今ひとつでしたよ。



猛将伝発売まで後もう少し。
明日の記事は一先ずお休みしようかな〜。




無双OROCHIのプレイ日記が終わったので
一先ず安心出来るよ。(^^;)
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 20:23 | 大阪 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年08月14日

戦国7章外伝『金ヶ崎の戦い』〜無双OROCHI〜

▼戦国7章外伝 金ヶ崎の戦い



遠呂智軍は各地の戦局を打開するため
反・遠呂智勢力のいる金ヶ崎へ
政宗を派遣する。


その金ヶ崎にいたのは
黄忠率いる少数の守備兵だけだった―。





戦闘開始。
手始めに目の前にいる敵将を撃破しているうちに
味方本陣に張コウが突撃している。(^^;)



こりゃあ、早く助けた方が良さそうだ。
って事ですぐさま本陣に走っていく。




すると…





張コウ『盛りが過ぎれば花は散るもの
   美しく散りなさい!』




黄忠『ほざいておれ、この小童が!』



張コウ『盛りが過ぎたとも思えぬ武勇…。
   見事な程に美しき散り際です。』




黄忠『黙れ!
  散りそうなのは貴様じゃろうが!』





あ〜、そんなに怒ったら血圧上がって
それこそ昇天だってば;;;
おじいちゃん、
落ち着いて落ち着いて。(笑)




その張コウを撃破すると
援軍を呼ぶ伝令兵が出現します。
例の如く伝令兵を守る黄忠。



しかし伝令兵の脱出地点まで
そう簡単に行ける訳でもなく
政宗の用意した伏兵が次々と現れます。



最後のとどめには呂布まで出てくる始末。







赤兔馬で体当たりされたら
一撃で死にそうです…。
(伝令兵が)




そんな呂布から伝令兵を守る為に戦っていると
忠勝登場!





呂布『ほう、その辺の雑魚とは違うようだな。
  己が勇を誇るなら、俺に挑むがいい!』




忠勝『我が武に挑むは貴様の方よ!
  参れ!』






う〜ん、何か二人で盛り上がってるみたいだし
放っておいていいかな?(笑)
しかし、そのままにしていては
伝令兵が援軍を呼びにいかないので
仕方なく自分も戦います。(オイ)




その呂布を忠勝と撃破し
援軍の小喬登場。
(頼りになる援軍だこと。(爆))




その後は敵総大将・政宗の下へ
(会話イベント少ないからサクサク進むな〜;)






政宗『貴様らが抗わねば天下は治まる、
  何故わからぬ!』




黄忠『遠呂智が民を思うか?
  奴の下で平和がおとずれるか?』




政宗『わしや皆で支えれば
  民の平和も守れるわ!』




黄忠『若きゆえ夢もみよう。
  が、現実はそう甘くないわ!』






そうそう、現実はそう甘くない!
お盆休みも無い!!!






だからブログにもお盆休みが無い!!!






…見てくれる人も少なそうだ。(泣)
(オロチの日記が終わったら
ちょっと休もうかな…。(^^;))







…本音がちらりと出ましたが
その政宗を撃破して終わりです。




最近また『蘇る逆転裁判』やってます♪
御剣いいねぇ〜。(ー∀ー)
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 19:44 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年08月13日

戦国7章『五丈原の戦い』〜無双OROCHI〜

▼戦国7章 五丈原の戦い



左近は孫策と、夏侯惇は曹丕と接触し
信長の目論みは実現していた。
そしてその信長の考えに気付いた
遠呂智は妲己に信長の討伐を厳命。


妲己は残る兵をかき集め
五丈原で信長軍と対峙した―。




凌統『妲己もすげえ数そろえたね…。
  官渡の仕返しかっての。
  多勢に無勢とはこのこった…。
  どうする、信長さん?』




信長『クク…。まずは防壁を利し
  前線の敵を崩せ。』




ということで
各地の城門を守る守備兵を撃破されない為に
前線にいる敵武将達を倒していきます。
中央砦には慶次と政宗という
強力タッグが待ち構えています。(>_<)




慶次『あんた…、
  遠呂智の業まで計りにきたのかい?
   強烈な力の底、自分に違和感を覚え
  苦しむ男のさ。』




信長『クク…。
  遠呂智にうぬ自身の姿を見たか、慶次。』





おぉ、そういうことか!
今までどうして慶次が遠呂智側にいるか
謎だったんだよね。



自分自身を重ねて見ていたのか…。
成る程、納得。




そしてもう一人、
遠呂智に組する政宗君。
彼はまぁ、「強いものにつく」って事だろうね。
だが少し違ったようだ。




政宗『遠呂智とは圧倒的な力…。
  一方で滅びへの願望を持つ。』




信長『クク…。
  それが、遠呂智が望み…か。』




政宗『その望み、成就させぬがため
  わしがおるのじゃ!』






えっ!
そんな裏設定があったんですか!?





…まぁ、よくあるネタだけどね。(−3−)
強さを持て余して滅びを望むってのは。
しかもその滅びを招かない為に
遠呂智側にいる政宗もいいね♪


格好良いよ。(ー∀ー)




しかし、ここで凌統にバトンタッチしてやると
先ほどの信長様との会話とは違う
ギャグ調のものが聞けます。




政宗『貴様ごときに竜が討てるか!』



凌統『あんた、竜は言い過ぎだろ。
  大蛇くらいでどうだ?』




政宗『独眼大蛇…。
  …って格好悪いわ!』






独眼大蛇……。





確かに格好悪っ!!!

どんなに格好良い容姿をしてても
それはないわ。(笑)



政宗にはこれからも自称・独眼竜を
名乗ってもらいたいものです。(^艸^)





さて、そんな二人を撃破していると
東門と西門の付近に援軍登場!




なんと、長篠で大敗したといわれる
信玄と謙信だったのだ。







『お、や、か、た、さ、むわぁああああ!!!』






あ、違った。






『お館様!!』




無双ならこっちの呼び方だよね。(^^;)
(因に初めの方は戦国BASARAでの幸村です)





信玄と謙信の助力も得て
妲己のいる本陣へと進軍を開始します。
途中、落石攻撃や伏兵もありましたが
妲己を撃破します。
(特に会話はない)


戦後。




信長『クク…。生きておったか。』



信玄『がっはっは、生憎じゃったな。
  わし、結構しぶといよ。』




謙信『遠呂智亡き後は…、戦場で会おう。
  存分に闘争を楽しまん。』




小喬『なーんか三人を見てると元気が出てくる!
  遠呂智にも勝てちゃいそう!』






これで信長、謙信、信玄と
三人の英傑が揃いました!
戦国時代には出来なかった強力タッグです。
う〜ん、素敵☆





▼1000人斬りしてクリアすると
 戦国終章外伝 白帝城の戦い 出現

(因に7章外伝は戦国6章外伝クリアで出現)


 武田信玄、上杉謙信、直江兼続 使用可能





ワンセグなど無価値!!ya.gifrank_006.gif

(ワンセグ対応の携帯に換えたのに
全く電波が入りません。(笑))


posted by アオ at 19:58 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年08月12日

戦国6章外伝『小田原城決戦』〜無双OROCHI〜

今日、新しい恋人にしました。
黒です。



携帯です!



という訳で、(?)オロチのプレイ日記を
サクサク進めていきたいと思います!
もうすぐ猛将伝、出るじゃん〜!
急げ〜〜〜〜!!((((;>_<)





▼戦国6章外伝 小田原城決戦




曹丕と三成が遠呂智に反旗を翻し
小田原城にて蜂起したとの報が入る。


小田原の遠呂智軍は曹丕らとの戦いにより
壊滅状態になっているはず…。



信長は直ちに軍勢を小田原城に向けた―。





戦闘開始直後には敵将が数人しかいなく
いくら壊滅状態といってもこれはないだろ
と思いつつ撃破していると
中央の城(?)に孔明、司馬懿が出現し
複数の遠呂智軍の部隊も各地に配置されます。




諸葛亮『城は反乱軍で満ちています。
   妲己の読み通りですね。』



司馬懿『妲己は曹丕を取り逃がしたのだ。
   褒めるには及ばぬ。』




信長『城外に新手ぞ…。迎え撃て。
  相手は古の二大軍師…か。』






一気に旗色が悪くなる信長軍。
そして逃げる遠呂智軍の将を必要以上に追いかける
信長軍の将達;





ちょっと待て、
どう考えてもヤバいから!!!(@_@)ノ
その先の砦で伏兵がいるに決まってるじゃん!!!
って事で味方の将を止める為に
大急ぎで敵兵を撃破しに向かいます;




こんな見え透いた策も見破れぬとは
お前達、それでも信長軍か!!!(怒)




で、何とか追いつき
敵将を撃破します。(^^;)
すると…



司馬懿『ちっ、我が策が破られるとは…。』



諸葛亮『織田信長の才は未知数…。
   油断できませんね。』





いえいえ〜、それほどでもないよ。(^艸^)
もっと褒めて!!(笑)




そしてその後は中央にいる
二大軍師の下へ向かいます。
するとするとこつ然と消える孔明;
(あれ?孔明に会いに
ここまで来たんだけど???






諸葛亮『虎穴に入りましたね。
    今です、かかりなさい。』




尚香『また反乱軍相手の戦か…。
  気分が乗らないな…。』




稲姫『尚香、お父上のためでしょう?
  さ、行こう!』




司馬懿『空城の計か…。
   こんな奇策を成功させるとはな!』




諸葛亮『はい、司馬懿殿の陽動の策が
   功を相したのでしょう。』






…普通にはめられた;
でも孔明の策なのであまり悔しくないや。(笑)
っていうか、孔明の空城の計ならば
孔明が優雅に琴を奏でているはずなんだが…。
(そんなムービー作る訳ない。)




しかし秀吉はノリノリです。
なぜなら、ねね似の尚香がいるからです;




秀吉『ほう、本能寺で見かけた
  お嬢ちゃんじゃな!』




尚香『あなたなんて覚えてないわ。』



秀吉『かーっ、冷たいのう!
  じゃが、くじけん!』





くじけて下さい。
ねねに怒られますよ。(^^;)




そしてその尚香と稲姫を撃破し、
空城の計を打破します。




お次ぎは司馬懿の下に向かいます。



秀吉『お前さんが司馬懿か、
  小ずるい顔をしとるのう。』




司馬懿『くっ、そのような挑発に乗るか。
   馬鹿めが!』




秀吉『…乗っとるから。』




史実と違ってすぐに頭に血が上って
挑発に乗っちゃう司馬懿が可愛いです。(笑)
因に戦国勢力じゃないですが
魏延で会うと面白いです。




魏延『死ネ。』



司馬懿『馬鹿め!
   死ねと言う貴様が死ね!』





完全に子供の喧嘩だねこれ。(爆)




その司馬懿も撃破☆
すると囮作戦を看破&
自分で司馬懿を撃破していたので
司馬懿が戦国勢力に仲間入りしてくれます♪




司馬懿『織田信長…。
   その大器…、想像を絶する…。
   よかろう 我が知略、信長に預けてやるわ。』





わーい、司馬懿ゲット☆
その後は勿論、
孔明の下へ馳せ参じます。(?)





信長『うぬが、諸葛亮か。』



諸葛亮『織田信長殿ですね。
   お会いできて光栄です。』




信長『クク、余も光栄ぞ。』




コーエー連発ですね。(違)
私こそ光栄でございますよ。
孔明様にお目にかかれて☆



次作三國無双5ではもっと痩せてたよな〜;
髭もやっぱり健在だったよな〜。
(+_+)
心の中で余計な事を思い出しつつ
孔明も撃破。




二大軍師が揃ったステージの割には
薄味なステージでした。
(外伝だからしかたないか)




▼司馬懿 使用可能




先日紹介した動画を見て下さった方がいるようです
ありがとうございます!
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 20:13 | 大阪 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年08月07日

戦国6章「樊城の戦い」〜無双OROCHI〜

▼戦国6章 樊城の戦い



オロチ軍は長篠にて
信玄、謙信の連合軍を壊滅させた。
しかし官渡を信長に押さえられている
訳にもいかず
すぐに信長の討伐に向かう。


しかし長篠への遠征などで
遠呂智軍の士気は低く
信長はそれを利用すべく
遠征軍を樊城で待ち受けるのであった―。




戦闘開始。
いきなり遠呂智軍から水攻めをされる樊城。(@_@;)
おいおい、味方が流されちゃってるよ;



信長『水攻め…、か。
  お株を奪われたな、サル。』




秀吉『へへ、こーんな策。
  水門開きゃ、即終わりっす!』






という訳で、前線にいる敵武将を撃破し
一路、水門のある北西の砦を目指します。



途中、ただでさえ低かった敵兵の士気が
さらに下がり、離脱する兵士が続出します。
敵の戦力は未だに強大ですが
光明が見えてきました!





広い戦場を走って水門に到着!
水門を守っていたのはあの張コウ。(何で強調?)




張コウ『その命、美しく散らせて
  差し上げましょう。
  この流麗なる水攻めの邪魔はさせません!』




秀吉『笑えるわー。 
  わし相手に水攻めなんぞ千年早えわ!』




サクッと張コウを撃破し
水門を開く秀吉。
水かさが減った所で信長軍の援軍が到着し
反撃を命じる信長様。



しかしここで思わぬ敵が出現!




夏侯惇『織田信長…。
   孟徳の覇道にお前は相容れん
   故に、お前は俺が討つ!』




曹丕『夏侯惇か…。
  まだ父の亡霊に振り回されているとは。』






何でここに夏侯惇が;
遠呂智軍だけで手一杯なんですけどね。
しかも曹丕にまであきれられてるよ。(笑)




ここで勝利条件が
夏侯惇の撃破も追加されます。



とはいえ、既に敵本陣近くにまで来ていたので
一直線に信長様を目指す夏侯惇を放っておいて
曹丕の撃破を優先します。




関平『関羽が息子・関平、参る!』



曹丕『名乗りに父親の名前は要らん。
  お前はお前だろう?』




関平『父上は拙者の誇り…。
  説教される筋合いはない!』






よくも悪くも父の背中を見て育った二人。
関平も曹丕も何かに付けて
父の事を例にあげますよね。
曹丕は曹丕で父の事をさけずんでいる様ですが
多分、父に振り向いて欲しいんだと思うよ。(笑)




秀吉『曹丕殿、こんな戦で無駄に兵力を
  消耗しとる場合か。』




曹丕『何を言っている。話が見えんな。』



秀吉『とぼけおって。
  信長様は全部お見通しよ。』






…という事は、
三成の行動も秀吉にもお見通しって事ですよね。
可愛い三成の苦渋の決断も
分かってあげてね、秀吉!(>_<)




曹丕を撃破した信長軍は
勝利条件である夏侯惇の下へ急行します。
信長様が危ないです!!



秀吉『夏侯惇殿、
  今は遠呂智を倒すことが最優先じゃろ!』




夏侯惇『遠呂智はいずれ孟徳が滅ぼす。
   信長は要らぬ!』






要らぬときましたよ。(^^;)
この男の暴挙、とどまる所を知りません;




信長『うぬは何を望む…。
  信長が器、刃で見極めに来たか…。』




夏侯惇『見極めはせん…。
   覇道の偽物を破壊しに来たのだ。』




信長『クク…。』






覇道の偽物だとぅ!


信長様に変わって
私が成敗してくれよう!!!
(−3−)ノ




という事で夏侯惇を捕縛します。




夏侯惇『斬れ。貴様の覇道など見たくはない。』


信長『この信長が器。
  気に入らねば、別の器を担ぐがよい。
  亡者から離れ、生者を見よ。
  此度の戦で感じたであろう。次代の器を。』




夏侯惇『…次代、あの男のことか…。』



信長『うぬは器と対峙して、真価を問う。
  ならば次代の器とも…。
  対峙せねばなるまい?』






あ〜あ、また捕まえても
逃がしちゃったよ;



オロチの世界、
裏で操ってるのは信長様だね。(^^;)





▼戦国7章 五丈原の戦い
 戦国6章外伝 小田原城決戦 出現




参考になりましたら
クリックお願いします!
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 20:13 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年08月06日

戦国5章外伝「長篠の戦い」〜無双OROCHI〜

ここ最近は『戦国無双2』と『戦国BASARA2』
をプレイしているアオです。
両方とも次作での引き継ぎがあるという事で
やり残した事をコツコツやってます。


三成の技能をコンプリートしたくて
プレイしてたんですが
彼って……




格好いいですね!!!(今更!?)




いや、ムービーでのツンデレが
頭に焼き付いていたので
戦闘中の格好よさを忘れてたって事です。(笑)




彼の良さを再確認した所で
無双OROCHIのプレイ日記です。(^^;)





▼戦国5章外伝 長篠の戦い




信玄と謙信は官渡にいる主力部隊を
引きずり出すため長篠に進出。
そしてその好きをついて
信長が官渡を攻撃。



しかし遠呂智軍の戦力は凄まじく
信玄と謙信はなす術も無かった…。





信玄『我が王道の戦も
  これが最後かのう…。』




謙信『敵勢、防ぎ難し。』




と死を覚悟した二人の前に現れたのは
信長様からの援軍だった!





謙信『汝、名は?』



小喬『小喬だよ!
  今は信長様と一緒に戦ってるの。』




信玄『さても愛らしい。
  カッコ悪いとこは見せられんのう。』






士気は上がったようだが
小喬みたいな子供が援軍でいいのか?(爆)
まぁいいか、
お館様がやる気を出してるみたいだし。(^^;)




という訳で、信玄と謙信
そして信長軍で砦の敵将達を撃破していきます♪




砦の敵もだいぶん片付いた所で
マブダチ二人が何やら相談しています。



信玄『宿敵、この状況を挽回する手段だが
  やはり…。』




謙信『騎馬にて敵本陣を突くべし。』



信玄『じゃな。
  ならばわしらが敵を引きつける
  おことらは騎馬隊を敵本陣まで動かしてくれるかの。』






という訳で、騎馬隊(長?)を率いて
埋伏(?)地点まで護衛します。
途中、制圧出来ない敵詰所があるので
厄介ですね;
絶対そこで時間食っちゃうんだ。(>_<)





そして護衛途中には
曹仁と出くわしてしまいます。



曹仁『勝算のない戦
  そなたは何故加担する。』




阿国『うふふ、
  難しいこと聞かんといてくれやす。』




曹仁『何の疑問も抱かず死地に赴く…。
  信長の人徳なのか。』






人徳というか何と言うか…。
阿国さんは金と男の匂いがすれば
何処でも行きます。(コラ!)



さしずめ、このステージでは
曹丕を狙っているんではないでしょうか。
お坊ちゃまだし、顔はいいしね☆
v( ̄ー ̄)v
(と書きつつ、二人のイベントないけど!)





曹仁も撃破し
騎馬隊の護衛も完了し
いざ、突撃!!




兼続『今こそ義の力を示すとき!
  いざ、進め!』





兼続、ここぞとばかりに張り切ってます。
無双OROCHIでは出番少ないからなぁ〜。
幸村に「私は無口になったよ。」とか
言ってそうです。(^^;)





騎馬隊のお陰で戦況は良くなり
こちらも進軍を開始します。
敵本陣では周泰、孫権、曹丕が待ち受けるなか
特に面白いイベントも無いまま終了。(ー_ー;)




因にこのステージでは
曹仁を仲間にする事が出来ます。
(欲しくないけど(本音))




その条件とは
開始から2分以内に武田・上杉軍を救援し、
曹仁を自力撃破してクリア
です。




▼曹仁 使用可能




参考になりましたら
クリックお願いします!
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 18:30 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年08月01日

戦国5章「官渡の戦い」後編〜無双OROCHI〜

今週のファミ通には
うちのブログで扱うネタはないようですね〜。
残念。(>_<)



って事で昨日の続きです。
昨日は張角で貂蝉、金鬼を撃破して
300人斬りを達成して固有アイテムをゲット
した所まで書きました。


ではでは、どぞ。




▼戦国5章 官渡の戦い 後編




信玄や謙信の苦戦しているという報が
続々と届けられる中
それでも信長様は官渡を攻めております。


遠呂智軍の兵力も大部分は信玄、謙信の下へ
いっているとはいえ
官渡もやはり兵力差が大きいです。


しかしそんな信長軍に天の助け(?)か
凌統が参戦してくれます♪




凌統『なあ、大将!
  俺もあんたの軍勢に入れてくれよ。
  仲間とはぐれちまって、
  一人ぼっちの身の上でさ。』




信長『クク…。よかろう。』




信長様を大将なんて呼ぶのは凌統ぐらいな
ものだろう。(笑)
織田軍武将にはいないタイプですよね。(^ー^)




味方が増えた所で
今度は大喬の下へ向かいます。
小喬もチームに入れていたので
姉妹の会話が聞けるでしょうか…。




小喬『お姉ちゃん!
  なんで妲己と一緒にいるの?』




大喬『小喬…。ごめんね。
  今はこうするしかないの。』





大喬は孫策に頼まれて
孫権の側(遠呂智軍)にいたんだっけね。
皆、それぞれの立場からその勢力にいるとはいえ
悲しいねぇ〜。(ー△ー)




そして、可愛い子を見つけた秀吉が
はしゃいでおります。





秀吉『うほ、小喬殿の姉上か!
  愛らしさも瓜二つじゃ!』




大喬『小喬に手を出したら、
  承知しませんから!』





これこれ、
小喬も大喬も人妻じゃよ秀吉。(^^;)
…そういえば、秀吉の妻ねねって
戦国勢力じゃないね。



あれだけ「お前様のために!」って戦ってた
ねねなのにな…。
戦国チームに入れてあげてよ。(笑)





話がそれましたが
その後、大喬を撃破し
妲己のいる官渡城への全軍攻撃を命じる信長様。




妲己『信長さん、
  こんな所で油売ってていいの?
  信玄さんと謙信さん、やられちゃうよー?』




信長『クク…。それでもよい。』





それでもよい。
という事は何かお考えあっての
事なのでしょう。
信長様に任せておけば大丈夫さ〜。(ー∀ー)





黄忠『信玄・謙信連合軍、
  長篠で善戦するも壊滅!
  まことに残念じゃ!』



関平『まるで、両君は信長様のために
  囮になったみたいだ…。
  もしや…、官渡に急行したのは
  両君が信長様に託した想いを汲んで?』





信長様は大局を見るお方。
全てお見通しです。(^^)ノ





▼戦国6章 樊城の戦い 出現
 戦国5外伝 長篠の戦い 出現
 
 凌統 選択可能





ランキング参加中です〜。ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 20:04 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年07月31日

戦国5章「官渡の戦い」前編〜無双OROCHI〜

ブレイドストーム 百年戦争』の体験版ダウンロードが
始まったようですが概ね上々のようですね〜。
家にはルーターやらがないので
ダウンロード出来ないんですよね;



決戦3に、はまった人なので
早くやりたいです〜。
PS3はブレイドストーム の為に買ったので
本気で早くやりたいです!
PS3が腐りそうです!!
体験版ダウンロードサイト




▼戦国5章 官渡の戦い




遠呂智に対する抵抗勢力の信玄と謙信は
同盟を組み、軍事行動を起こしはじめた。



これを一網打尽にするべく遠呂智軍は
全勢力を終結させ攻撃を開始する。



しかしこの報を聞いた信長は
彼らを救援するでもなく
遠呂智軍の重要拠点・官渡に
進軍したのであった。




戦闘開始時、
関平、光秀、秀吉のチームだと
特別なムービーが流れます。






って本に載ってるけど
見た事無い〜〜〜〜〜。(笑)
今度ゲームする時みます。(^^;)





官渡といえば曹操が袁紹を打ち負かした
戦場です。
そこを信長様で戦うってのも
何だか感慨深いものがありますね。




だけどここは張角を主軸にして戦います。
張角で固有アイテムゲットを狙います。(ー∀ー)



一度、レベル30位の張角(難易度「普通」)で
頑張ってたら氷付けにされ、
貂蝉に3回くらい叩かれただけで昇天しました。(笑)




そんな張角で頑張ります!
(もちろん難易度「易しい」で!)






黄天の力を今こそ見せるのじゃ〜〜!!(ー口ー)ノ





まず、固有アイテム入手条件にもある
”貂蝉”のもとへ向かいます。





貂蝉『…やむを得ません、お相手しましょう。』






…太平道の教祖様は絶世の舞姫などには
目もくれず撃破を目指します。(笑)
欲などないのでしょうか、張角は。(^^;)
(会話してよ、会話!!)




でも会話も見たいので
阿国さんに一瞬だけバトンタッチ。
三國の舞姫が貂蝉なら
戦国の舞姫の阿国さんです。

金と男にはがめついですけど;



阿国『なんや切ない舞やわぁ。
  舞は楽しまな。』




貂蝉『この乱世に
  なぜ、そんなふうに舞えるのです…?』








…それは金と男だけあればいいからさ。
とは口が裂けても言えないですが
張角で貂蝉を撃破♪





その後は、”金鬼”を撃破しに向かいます。




金鬼『出でよ!
  我が可愛いしもべ達よ!』




足軽『ば、化け物だ〜!
  奴ら、斬っても斬れねえ!?』



信長『ふ…、くだらぬ幻影よ。
  操る将を…、討て。』




張角『見える…、見えるぞ…。
  幻影の元凶は白馬城にあり!
  邪悪なる妖術師め、
  我が天罰を下してくれよう!』





凄い!流石、教祖様!
さすが、「天下大吉」!大一大万大吉!
(途中から違ってるし!!)




「天下大吉」ってのは黄巾賊のスローガン
「蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉」からです。
って、どうでもいいプチ勉強ですね。


なんなら
三成も黄巾賊に入ればいいよ。




『あぁ、張角様…ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
我が名は、サンデー三成!跪くがよい!!』









バサラ嫌いな人、ごめんなさい;
バサラやった事ない人もゴメンナサイ。
(謝るくらいなら遊びすぎるな)




そして張角で金鬼を撃破し
300人斬りしたら
貴重品報告です〜☆楽チン♪





しかし戦闘はまだ終わりません。



続きますぞ〜。ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 20:50 | 大阪 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年07月26日

戦国4章外伝「シ水関の戦い」〜無双OROCHI〜

▼戦国4章外伝 シ水関の戦い



董卓が遠呂智の下にいる理由は
軍資金として董卓に送られる
金品であった。


遠呂智から董卓への送金が
あると知った秀吉は
直ちに軍を派遣。



金品を奪取する事にした。







…っていいんかい!
上手く事が終わったら
『絢爛豪華な大宴会が待っとるぞー!』




とか言ってるし。
遠呂智軍の力を削ぐのが理由だよね?
宴会がやりたいからじゃないよね!?(^^;)





という訳で
まずは中央広場の敵兵を撃破。
するとその内
遠呂智軍の輸送部隊が登場します。




ここは金の亡者、阿国さんに頑張ってもらって
輸送兵長を逃がす事無く撃破していきます。
若干、目がギラついているような
気もしますが
気のせいでしょう。(怖)




すると輸送部隊が到着しない事に
不審を抱いた稲姫が進軍を開始してきます。




阿国『怖い顔して。
  可愛い顔してはるのに台無しどすえ。』




稲姫『可愛いだなんて。
  …って、ごまかされません。』





むむ。見逃してくれないのか;
隣りにいた小喬も稲姫に言います。




小喬『だってぇ、遠呂智と戦うには
  お金が必要なんだもん。』




稲姫『なんて正直な…。
  でも、許しません!』






正直に言っても駄目な様です。(笑)
しかたないので稲姫を撃破。




するとその後、
三人目の輸送兵長と呂布が現れます。




呂布『人の金を狙うとは…いい度胸だ。
  すぐに楽にしてやろう。』




阿国『たくましい体してはること…。
  触ってよろし?』




呂布『失せろ…。』





うわ〜、阿国さん!!
ナンパの相手を選んで下さい!!




出雲のお社が壊れますって!
(汗)




問答無用で襲ってくる呂布を
阿国さんでいわしました。(^^;)




と、ここまで達成すると
偶然にも阿国さんの固有アイテムをゲット♪
・輸送部隊全て撃破
 ・呂布に接近してから1分40秒以内に呂布撃破
 ・上記達成までに阿国さんで150人撃破






そしてその後は総大将の董卓を撃破しに
向かいます。





董卓『この金はわしのもんじゃ、
  絶対に渡さんぞ!』




阿国『大丈夫、うちにしばかれたら
  渡しとうなりますえ。』




しばく気満々ですね、この人。(^^;)
一体だれが彼女をこうしたのでしょう。
(無印ではおしとやかな京女でしたよね;)




そして遠呂智軍に愛想を尽かした董卓は
信長軍の方が金があるとみて
信長軍にくることになりました。




…あんまり嬉しくないや。(ー_ー)





▼董卓 入手可能




ランキング参加中です〜。ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 18:44 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年07月23日

戦国4章「潼関の戦い」〜無双OROCHI〜

▼戦国4章 潼関の戦い



左近の持つ孫堅の居場所を
孫策にちらつかせれば孫策は
遠呂智から離反する。


そうすれば遠呂智軍の一角を崩す事になり
力を削ぐ事が出来ると考えた
信長様は左近を孫策の下へ
送り届ける事にした―。




左近『ま、あんたの考えてることは
  何となく見えてきましたよ。』




信長『それは祝着。』



左近『俺の軍略も生かせそうだ…。
  早速、向かうとしましょ?』




関平『信長様、敵襲です!
  遠呂智の大軍が迫っております!』




信長『クク…。
  左近の門出、盛大に祝うべし。
  死地を突破し、見送るとしよう、ぞ。』





という訳で
左近の見送りパーティーが開幕です。(笑)
それも信長様流の見送りなので
血の雨が降りますよ、これは。(^^;)





まず潼関に攻め寄せる敵を一掃。
まずはお髭が素敵な関羽に会いに行きます♪




阿国 『やあ、えらい立派なお髭どすなあ。』



関羽『ぬう…。
  拙者に関わらないでくれぬか。』




さすが阿国さん!
関羽といえばやっぱり髭!!
外しませんな〜。(^艸^)


そしてその阿国さんのナンパに気付いてか
関羽の息子、関平。




関平『父上!
  なぜ遠呂智などに従っているのです!』




関羽『戦場で無駄口は慎め、関平。
  よもや父が怖いか?』




関平『父上…。
  あなたを、超えてみせる!』




頑張れ関平!
父上に追いつくには…、
まだ当分かかりそうだ。(爆)


そして関羽は信長の存在にも気付きます。



関羽『すまぬ…。
  倅が、世話になっていると聞く。

  だが、手加減するわけには参らぬ!』




信長『クク…。気にするな。』



信長様!いつから関平の父代わりに!?
ちょっ、初耳なんですけど!!(@_@;)



そっかー、小姓としては
使い手がなさそうだもんね。
(オイ)





関羽を倒したら
特攻してくる張飛を出迎えに
潼関に戻ります。




するとまた阿国さんの悪い癖が…。



阿国『やぁん、おヒゲが逆立ってはるわぁ。』



張飛『な、なんだおめぇは!
  向こう行け!』






…どうやら阿国さんは
蜀の人間に不人気なようです。(ー_ー;)





そしてそんな張飛も撃破し、
総大将の董卓が移動を始めたので
手薄な北東の拠点へと脱出開始。




牛輔や徐栄などを撃破し
脱出までもう少しといった所で
行く手を阻むのは小太郎。
この時、小喬だとちょっと面白いですね♪
(くのいちでも面白いですが☆)




小太郎『うぬに混沌を見せてやろう…。』



小喬『…とんこん?
  何それ、見せて見せて!』






小太郎も形無し。
無邪気な小喬にコテンパンにやられます。(笑)




そして脱出地点に到着した左近は




左近『ここまで来れば、もう大丈夫でしょう。
  派手な見送り、感謝しますよ。』






と言って旅立ってしまいます。(T_T)ノ〜
私的には手放したくないんだけどね…。
仕方ないけど…





三成のもとに送っちゃ駄目ですかね。
信長様?





あ、何か睨まれてる気がするので
いいです。ゴメンナサイ。((((;><)





そしてその後は総大将の董卓を
撃破しに行きます!




董卓『おお…。
  貂蝉にも劣らぬ舞の上手よ…。』




阿国『やあん、嬉しこと。
  しばき倒して連れて往の。』





嬉しくてもこんなの連れて帰ったら
出雲がえらいことになりますよ、阿国さん;



そして信長様。




董卓『このわしに逆らったらどうなるか、
  教えてやる。』




信長『クク…。教えてもらおう。』




…信長様、Sだと思ってたけど
実はMだったのか??(コラ)
メモメモ。(。。)?




こうして左近は旅立っていきました。
小さい覇王さんが計略に乗ってくれれば
いいのですが…。(^^;)




『パチスロ戦国無双 体験版』のソフトが当たったようです。
届くのが楽しみ♪
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 18:38 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年07月17日

戦国3章外伝「下ヒの戦い」〜無双OROCHI〜

久しぶりに無双OROCHIの記事ですね。
あともうちょっとだから頑張ればいいんですが
違う記事も書きたくなるんだよね〜。(^^;)



▼戦国3章外伝 下ヒの戦い




陸遜は孫呉の将の中でも
遠呂智に従属する事を
よしとしない将を集め遠呂智に
抵抗していた。



それに対し遠呂智は曹仁を差し向け
遠呂智に破れた陸遜軍は散り散りとなり
陸遜は下ヒ城に追いつめられてしまった。



と言う訳で無双OROCHIでやたら優しくなった
信長様に連れられて
孤立無援の陸遜を助けに行きます。





陸遜『地の利を生かして
  耐えるしかありませんね…。』




大丈夫か陸遜!
待ってろ、今助けに行くぞ!
と、陸遜で放火しまくりたい管理人は必死です。(笑)




下ヒ城までの道すがら
敵将を倒していき
袋だたきにされている陸遜を救援。




陸遜『あ、あなたは…?』



信長『織田信長…。
  うぬが生、拾いにきた。』




陸遜『この方の風格、ただ者ではない…。』





この魔性のオーラ、
ただ者である訳がないです☆Ψ(`∀´)Ψ
第六天魔王だからね。(笑)



そして周りの敵兵を一掃するために
秀吉に交代すると…




陸遜『敵がここまで?
  …この上は戦って果てるのみ!』




秀吉『いや、味方じゃ味方!
  背丈で判断すんな!』





背が低いからって
遠呂智軍の兵士と間違うなよ!!
(−3−)ノ
肌の色は一応、肌色だよ〜〜!
(遠呂智軍は水色(だったよね;))




そしてその後、
陸遜と連合して遠呂智軍をかいくぐり
本陣へ一度帰還します。




陸遜『集えば力は相乗されます。
  戦局を好転させましょう。』





この時、陸遜と一緒に本陣に向かうわけですが
今までの無双なら護衛ミッションとかって
護衛されてる将が敵に向かっていく一方で
中々進んでくれなかったりしますが
この陸遜は違います。




プレイヤーを放ったらかしで
スタコラサッサと本陣へ走っていきます。





…気付けば自分だけ敵に囲まれてて
泣きそうになりますね。(笑)
酷いよ陸遜。(;_;)





その後、無事本陣に退避した陸遜は
「さあ、反撃に移りましょう!」と言って
今度は敵に向かって一直線!!








…この暴れん坊め。(T_T)
(兼続の名言)




アンタが死んじゃうと敗北しちゃうのにさ…。
頼むから
本陣でじっとしておいて下さい。(ー_ー;)




そして力を合わせて遠呂智軍を撃破した
陸遜は信長様の軍に加入してくれました♪






これで放火し放題だ♪Ψ(`∀´)Ψ





因に陸遜を仲間にする条件は
「味方武将が誰も敗走していない状態で
陸遜と連合し陸遜が生存した状態でクリア」
です。





▼陸遜 入手可能



昨日、Wiiを購入してきました。
これで準備万端です♪待ってろ『戦国無双KATANA』!
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 19:39 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年07月10日

無双OROCHI究極攻略&設定FILE の話。

今日は以前に
購入したと書いた
無双OROCHI究極攻略&設定FILE』のお話をしたいと思います♪



多分、買おうか買うまいか悩んでいる方も
いるのではないのかなぁ〜。と思いまして。(^^;)




まずページ数は224ページ。
全ページカラーです☆




「戦記解説」、「英傑列伝」、「特別付録」
とありまして



「戦記解説」では
各勢力のストーリーダイジェストが
記載されています。




そしてそのダイジェストでは
各ステージのイベントや
ムービー等が2点づつ紹介されていまして
そのムービーの出現方法なども書かれています。



例えば
蜀7章 江戸城の戦い を
趙雲、幸村、孫市のチームで開始すると
流れる特別なムービー
とか♪



出現方法が書かれているのは
親切でいいですね〜。(^ー^)



これは各勢力4ページづつです。




お次ぎに「英傑列伝」では
まず戦国、三國のキャラ達の相関図があります。




これは戦国だけ、三國だけしか
プレイした事がない人には
分かりやすくていいと思いますね〜。




敵対関係や主従関係や親子、兄弟、夫婦
等が一発で分かります。




その次は
武将入手条件のチャートですね。
これも条件が分かりやすく書かれているので
いいと思います。



そして次はこの本の大部分を占める
各武将ごとのページですね。




この武将紹介では
スタッフさんからのキャラに対するコメント。
(どうして○○と○○のキャラを絡ませたのか
等の制作秘話が書かれています)



武器、能力の紹介。
キャラアイテムの紹介(入手法)では
そのアイテムにまつわるエピソードなども
あわせて書かれています。
(三成の「三献茶」なら秀吉との
エピソードなど)




後は激難攻略として
各武将の戦い方。
連続技の繋げ方や武器強化のおすすめ等。



これが結構詳しくて
役に立つと思います!
写真付きで分かりやすいですしね〜。



司馬懿なら「雷・陽・斬・吸生・
吸活・分身・神速・極意」で


特技「攻撃強化」、「特殊強化」、「速型強化」
を付けた上で


アーツ1→空中ダッシュ→ジャンプ攻撃→
チャージ4→空中ダッシュ→ジャンプ攻撃→
チャージ4→空中ダッシュ→ジャンプ攻撃→
チャージ2→アーツ2



上記が繋がれば
激難の呂布、遠呂智も撃破可能。)





私は普段、連続技とか気にしないで
プレイするのですが
ここまで詳しく書かれていると
やってみようかな〜。
って気になります♪
例に挙げた司馬懿は極端な例ですけどね;)




激難での呂布や遠呂智の倒し方が
書かれているので
これをマスターすれば
文句なく天下無双かと☆





後は戦況メッセージと
身長や上限能力値など。



今、上限能力値をちらりと
読んでみたのですが
左近の攻撃値の上限が412。
殿(三成)の上限が448!!!






…綺麗な顔してやるじゃないですか。(ー_ー;)




下手に手を出すとしばかれますね。(汗)





んで、「特別付録」では
特別セリフが紹介されています。



各勢力ごとに
6ページづつ位でしょうかね。
条件も書かれているので
参考になります!



その後は遠呂智と妲己の
キャラ案が1ページづつ。(少な!)
遠呂智は正面の絵のみなので
同人やっている人には辛いですね;



そして最後には
第二衣装の紹介。
中途半端に12人だけ。(笑)




とざっと書出すとこんな感じです。(^^;)
私的には上下巻の攻略本買うより
これ一冊で事足りるような気が
しないでもないですが…。










参考になりましたら
クリックお願いします!
ya.gifrank_006.gif







と、実際の記事はここまでなんですが…。
突然の話なんですが
皆さんは本屋で購入した本が
乱丁、落丁本だった場合どこに連絡しますか?(^^;)



そうなんです…。
この本を購入した時に店頭では
パックに包まれて販売されていたのにも関わらず
1枚(ページでいうと2ページですね)
綺麗に破り取られている状態の所がありまして;



奥付に連絡先も書いている事ですし。
連絡してみました。(光●に(ー_ー;))




以下、電話でのやり取り。(抜粋)




『あの、本屋で購入したそちらの本が
一枚綺麗破られた状態でなくなってまして
読めない状態なのですが…。


本屋さんでは本全体がビニールパックで
包装された状態で置いてあったので
売り場で誰かが破ったとは考えられにくく
印刷の時にだと思うのですが…。』



『あ〜、ちょっと待って下さい。』




〜〜保留中〜〜



同じ人がまた電話口に出る。




『破れてるんですよね?』



『はい。』



『じゃあ、本と状況を書いたメモを送って下さい。』



『(勿論)着払いでいいですか?』



『いえ、一度そちらもちで送って下さい。
状態を見ないと分かりませんので。』




『(は?何じゃそりゃ;)
ページが破れた状態で丸々ないのですが。』



『状態を見ないとわかりません。』



『はあ…。』


『何でしたら送り賃を切手で返します。』



『え?切手?』(@_@;)
(そっちの気持ちも分かるが切手で返されても
用途が限定されてるじゃん;)



〜〜〜数回押し問答(笑)〜〜〜




結局折れる私。(ー_ー;)



『分かりました。
その様にさせてもらいます。』





その後電話を切ったのですが
向こうさんのニュアンス的に
「あんたの話は信用出来ないんだよ。」
って事が重々感じられた
(しかも許容範囲内とか言って
送り返してきそうな)ので


面倒くさくなり購入したツタヤに電話。




するとツタヤさんは
かなりの慌て様で
「今すぐ代品を自宅までお持ちします!」
と言って家まで持ってきてくれました。(汗)
(反対に私が恐縮してしまいました;)




う〜ん、こういう場合って
購入した所に連絡した方が
いいんでしょうかね〜。


でも原因は発行所にあると思うんだよな。
(結局、ツタヤさんから光●に
返品するんだろうけど)



しかし本屋さんも迷惑ですよね;


どうすれば良かったんでしょう。
花色さん。(T_T)
(記事内で呼びかけてすみません;)




そして光●さんの印刷部の方。
本の事は決着つきましたので
そちらに送る事はないです。
(こんな所で言うなよ。)



いつも「あーだ、こーだ」
書いてるから天罰ですかね。(^^;)
(そしてこれをまたネタにするから
いけないんだな)
posted by アオ at 21:37 | 大阪 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年07月09日

戦国3章「九州の戦い」後編〜無双OROCHI〜

今日は昨日の記事の続きです〜。



▼戦国3章 九州の戦い



張角、阿国さんを撃破した
信長軍団。
次に目指すは西砦にいる小喬です。


こっちには女好きの秀吉もいるし
面白い会話が期待出来そうです♪(^艸^)




とすると遠くから小喬の声。



小喬『みんな、準備はいい?
  せ〜の、石でも食らえ〜!
  うそっ!
  …味方にも当たっちゃってる?』




左近『だから俺の合図を待てって…。』





う〜んと、要するに
自滅してる??(^^;)
小喬には周瑜がいないと
暴走してばっかりだからなぁ〜。



落石攻撃も失敗したのにも関わらず
好機だ!と勘違いして突撃しだす
小喬。(笑)




左近、今すぐ
暴走娘を止めた方がいいですよ。
Ψ(`∀´)Ψ




そして小喬のいる西砦に到着する信長様。
するとその信長を見た小喬。




小喬『あ、その髪型
  伸びたらあたしと同じになるね!』




信長『クク…。無価値…。』





…左近、やっぱり今すぐ
暴走娘を止めに来い!\(*`∧´)/




そしてそんな小喬
秀吉とも楽しい会話を繰り広げてくれます。



秀吉『お、こりゃまた可愛らしい
  お嬢ちゃん!』




小喬『わ!そっちこそ
  かわいらしいおサルさん!』





で、いつまでもウキウキ☆遊んでいる
訳にもいかないので
小喬も撃破して残る左近の下に向かいます。




すると道中、
謙信の命で援軍に来ていた兼続と合流。




関平『何故、我らに加勢して
  くださるのです?』




兼続『遠呂智との戦、
  すなわち義の戦の備えとするためだ。』




関平『義、か…。
  拙者の父も「義の人」と
  呼ばれていた。』




兼続『おお、
  ぜひともお父上にお目にかかりたい!』





メッチャ食い付いた!!(@_@;)
本当にお目にかかったら
二人で熱く語りそうですね。
兼続の再就職先は
是非とも蜀にしてやって下さい。m(_ _)m




その後、
連合して左近の下へ向かいます。




信長『左近、信長の下へ来い。』



左近『あいにく、
  力じゃ俺の軍略は買えませんよ。』




『必要なのはツンデレですよ。
信長さん。』







…すみません。
最後の台詞は捏造です。(笑)




その左近も捕らえた信長様。
左近が仲間になってくれるんでしょうか?
ワクワク☆(*^ー^*)




左近『俺はあんたに仕える気は
  ありませんね。
  …それに
  あんたに負けたわけでもない。』




信長『現状は逆…。
  うぬは信長が足元にいる。』




左近『あいつらが俺の軍略を
  採用していたら…。
  まあ、負け惜しみって奴ですかね。』




信長『ならば、軍略を発揮できる場を
  与えようぞ。』






という台詞はありますが
左近が信長軍に加入する事はないようです。
そのかわり張角、小喬、阿国さんが
参戦です♪




▼戦国4章 潼関の戦い 
 戦国3章外伝 下ヒの戦い 出現


 張角、小喬、阿国 使用可能




最近またバサラ2をプレイしてます。
面白い♪(^3^)
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 18:33 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年07月08日

戦国3章「九州の戦い」前編〜無双OROCHI〜

このシナリオは左近の不憫さが
笑いを誘うステージです。(^^;)
長くなりそうなので
何回かに分けて書きたいと思います!



▼戦国3章 九州の戦い



遠呂智に抵抗する軍は
趙雲軍、陸遜軍、夏侯惇軍、孫策軍、
そして信長軍であった。



そこで信長は九州で割拠する独立勢力を
吸収合併するべく軍を進めた―。





信長『クク…。
  三方より進み、併呑せよ。』




張角『太平の地を踏み荒らす
  悪しき者どもよ!
   天意に従い我が裁きを下す!』




秀吉『わっちゃー、
  信長さまに向かって
  怖いモンなしな…。』




左近『俺の軍略で信長を追っ払いますか。
  まずは…。』





出た!左近〜〜〜ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
左近の前だ、無様な様は見せられん!
とばかりに気合い入れますが…。



太平道の奇跡を
張梁、張宝、張角が使い
奇術が炸裂する。(@_@;)



信長様は「無価値。」とか言ってますが
竜巻あたったら結構痛いですよ。(笑)



張角は火山を噴出させ
秀吉を喜ばせたりして
気分が高揚してきたのか




張角『おおっ!
  天の力が我にみなぎる!たぁぁ!』




左近『やってくれますね…。
  味方まで分断しちまうなんて…。
  張角さんとの連携を回復する!
  鶴賀城を落とせ!』






…左近、可哀相。(^艸^)
連携を回復って;
元から連携なんてしてないじゃん。(爆)



こりゃあ、もしや
烏合の衆ですか?Ψ(`∀´)Ψ




そしてそんな張角を撃破し
鶴賀城へ向かっていると
敵方に阿国さんが登場。




阿国『左近様は、
  じっとしときやて
  いうてはりましたけど…。
  うち、辛抱苦手どす…。
  ええ男探しにいきますえ!』





うわ!阿国さん本気モードです。(笑)
無双OROCHIの世界では阿国さんのナンパも
パワーアップしているようですね;


何か怖い〜。(T_T)
そんな阿国さんに関平で近付きます。



阿国『やあ、かいらし子発見や!
  お名前は?』
(←かなり狙っている)



関平『拙者は関羽の子・関平!』(←正直者)



阿国『ふーん。なら、平ちゃんて
  呼んでよろし?』
(←既に名前呼び!?)


  『平ちゃん、
  うちと二人で
  出雲に往にましょ?』
(←出た!)



関平『せ、拙者には想う人がいます。
  御免!』
(←正直者2)



阿国『くすっ、おぼこいこと…。
  かいらしわぁ。』
(←思い人がいようと関係なし)







流石、阿国さんですね。
問答無用でございます。
左近の釣り野伏という計略を無視して
ガンガン突撃してきます。(笑)




因にここ。
曹操と董卓との会話イベントが面白いです♪
まず曹操。




阿国『やあ、ええ男はんや…。
  うちと出雲に一緒に往のか?』




曹操『よかろう。
  だがまずこの戦、終えぬとな。』





うわぁ。流石、曹操。
女好き、人妻好きですからねぇ〜。
たくさん勧請もしてくれるでしょうし
良かったですね阿国さん。(笑)




お次ぎに董卓。


阿国『やあ、ええ男はんや…。
  うちと出雲に一緒に往のか?』




董卓『おお、わしに侍るがいい。
  可愛がってやるぞ。』




阿国『すんまへん、目の錯覚どしたわ。』





どんな男でも
美味しく頂ける阿国さんが辞退しましたよ!
阿国さんでも願い下げのようです。(^3^)



そんな阿国さんを撃破。



阿国『そないうちのこと
  好いてくれはるならお供しますえ。』







…好きだとは言っていないですが…。
まぁ、よしとしましょう。(^^;)



無双OROCHI究極攻略&設定FILE買いました〜。
詳細はまた後日!
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 19:43 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年07月05日

戦国2章外伝「川中島の戦い」〜無双OROCHI〜

無双OROCHIの記事を書くのは
どれくらいぶりになるでしょう…。(笑)



戦国勢力で最後になるというのに
この体たらくっぷり!




叱って下され、お館様!!
(ゲーム違うから)





▼戦国2章外伝 川中島の戦い




川中島に到着した信長らは
遠呂智軍相手に奮戦する
馬超に遭遇する。


馬超は遠呂智から民を守るべく
民を善光寺に避難させていた―。





馬超と言えば
あの五月蝿い男だねぇ〜。
三國の直江ですな。(爆)




黄忠『なんと、あれは馬超ではないか!』



信長『蜀の猛将・錦馬超、か。』



黄忠『ご存知か。
  見過ごせぬゆえ、ちと加勢して参る。』




信長『クク。…よかろう。』




妙に機嫌のいい信長様が気になります。(^3^)
曹操程ではないにしても優秀な人物はお好きですから
興味が湧いたのでしょうね♪




すると何処からともなく
絶叫が聞こえてきます…。




馬超『罪無き民を虐げる外道どもめ…。
  悪を断つべしと
  我が槍も唸っておるわ!』






…予想以上の五月蝿さですなぁ!(爆)
兼続と並べてみたいや…。(ー∀ー)



んで、そんな五月蝿い馬超を
信長様が助けに行きます。





信長『予は、織田信長。
  …うぬを助けに来た。』




馬超『ぬ…この気…。正か邪か。』




まぁ、あんたの主人(劉備)よりは
極悪な顔してますけど
整った綺麗な顔してますよ?
オーラは魔王ですけど。(笑)




そして遠呂智軍に追われている民を
善光寺に避難させているという事で
民の護衛をするわけですが
遠呂智軍の追撃部隊がやってきます。




家康『遠呂智の暴威に手を貸すなど
  本意ではないが…。
  今は仕方あるまい…。耐えるのだ。』




董卓『くだらんゴミども。
  わしが始末してくれる!』





という訳で、早速
家康、董卓らを撃破しに向かいます♪
(特に面白い会話もないので割愛。(爆))




そういえば、このステージでは
全ての民を避難させ
馬超が生存した状態でクリア
すると
馬超が仲間になってくれます。



なので董卓らを撃破したら
民達が進軍しだすので
速攻で民の護衛に付いて下さい。




この時、民と一緒に石兵八陣にも入ると
マップの見えない石兵八陣内でも
楽に民も守れるし
伏兵も撃破出来るので
凄く楽です。





民達が避難した後は馬超について
進軍すると石兵八陣内を
最短ルートで司馬懿の本陣向けて
突っ走ってくれる
ので
それも楽チンです♪




ただの五月蝿い男ではありません!!
石兵八陣を知り尽くした男です彼は!!!!
(笑)




そして馬超と一緒に
総大将の司馬懿を撃破します。




馬超『民を救ってくれた義心、
  我が心に響いたぞ!!

  これより我が正義の槍、
  そなたたちに預けよう!!!』





わ〜い、馬超が仲間になってくれた♪(^3^)
色物好きな信長様の事、
とっても喜ぶでしょう。(^艸^)




▼馬超 選択可能



ランキング参加中です〜ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 20:47 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年06月26日

戦国2章「本能寺の戦い」後編〜無双OROCHI〜

今日の記事は昨日の続きとなります。


昨日は曹操が妲己に変わり
燃え上がる本能寺、
多数の伏兵が現れる所までです♪(^ー^)





▼戦国2章 本能寺の戦い 後編




そして伏兵登場時に実は援軍として
夏侯惇、次いで信玄も登場します♪




夏侯惇『孟徳がいると聞いて来てみれば
   何だこの騒ぎは。

   む…?
   あの軍旗は確か信長とかいう奴の…。』




信長『クク…。
  うぬも曹操の名につられて来たか。』




夏侯惇『お前が織田信長か、
   名は聞いている。』





おぉ、名は聞いているだって♪
信長様は遠呂智の世界でも結構有名らしいです。(笑)
そして夏侯惇はその信長様の部下
光秀と秀吉とも会話をします。





夏侯惇『聞くが、織田信長とはどういう男だ。』



光秀『世の全てを見透かしておられる…。
  そんな方です。』






光秀ったら初対面の人に対して
信長様への愛を語り過ぎです。(笑)


そして隣りにいた秀吉が
それをフォローするかのように
夏侯惇に話しかけます。




秀吉『いやー。
  曹操殿はすごいお方らしいのう。』




夏侯惇『この乱世に唯一、天を戴くべき男だ。』



秀吉『こりゃ、光秀が信長様に
  入れこんどるのに劣らんわ。』







…結局、夏侯惇と光秀は同類って訳ね。(^^;)
二人が互いの主君の話をしたら
どちらの主が優れているかで
戦になりそうです。
(笑)




その後、信玄の下へ向かいます。
すると黄忠をメンバーに加えていると
お茶目なお館様を見る(?)事が出来ます♪



信玄『その弓、その風貌、
  黄忠殿とお見受けするが。』




黄忠『ほう、我が名は後世にも
  あまねく知られておるか!』




信玄『いや、ボチボチ…?』





この、最後の台詞のいい方が可愛いんです!!
義元も癒されるけどお館様もいいですよねぇ〜ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)




そしてボチボチとか言われた黄忠が
ちょっと可哀相でもあるのですが
多分、後半部分は
有頂天のあまり聞いてないでしょう。
(笑)





で、夏侯惇&信玄のお陰もあり
全敵将を撃破してクリア。




関平『捕らえた将を連れてきました!』



信長『うぬら孫呉はこのまま堕ちるか
  それとも、抗ってみせるか?』




尚香『ど、どういう意味よ?』



信長『意味は己に問え。存分に惑うがよい
  …全員釈放せよ。』




関平『しかし、捕虜は取らず戦力も増えずでは…。
  この戦…、何のために?』





信長『クク…。』




信長様の事、
何か考えがあっての事でしょう。
彼に任せておけば間違いはないさ!(^3^)




ランキング参加中です〜ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 18:19 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年06月25日

戦国2章「本能寺の戦い」前編〜無双OROCHI〜

ちょっと長くなりましたので
今回は前後編でお送りします〜。




▼戦国2章 本能寺の戦い 前編



乱世の奸雄曹操は
遠呂智との戦いで死んだと伝えられていた。


しかしその曹操は生きていて
本能寺に身を潜めているらしい。


黄忠からその情報を得た信長は
急ぎ本能寺へと向かう――。




さて、本能寺です。





本能寺といえば戦国無双2では
信長様が光秀をお姫様だっこした
二人の思い出の場所です
ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
(戦国をプレイされていない方に言いますが
本当の事です。妄想ではありませぬぞ!




信長様もノリノリで
『全軍、散在する敵を殲滅せよ!』
と意欲満々です。(笑)




なので信長様の為に
光秀が走る走る。
瓦礫で通行不能な道が多いので
遠回りばかりで大変です;




やがて本能寺に到着し
本堂にいる曹操と対面♪
すると…





曹操『おお、噂を聞いてやって来たか!』



  『…でも残念だったね。』





??
女の声に変った???(ー_ー;)



その女声の曹操が
くるりん☆と可愛く一回り。
(注:可愛く回りますが
回っているのは曹操です。(笑))






すると妲己に様変わりする!!



妲己『くすっ黒ハート
  曹操さんじゃないんだよなあ。』







のわ!妲己だったのか
この信長をたばかりおって!!(ー_ー#)





信長『妲己…。
  賢しらに策を練って軍師気取りか。』




妲己『気取りも何も私は軍師様よ、よろしくね。
   余裕な顔して私に勝つつもりとか?』




信長『クク…。』





これはどうやら反乱軍を
曹操を餌におびき寄せる策だったようです。
そんな妲己を光秀の華麗な剣技で一閃します
すると妲己は退却し
大量の伏兵と共に本能寺が火の海に!



しかしそこは信長様、
慌てず騒がず




信長『炎、か…。
  利家、火元を絶て。』






という事で
モブの利家が消火活動にのりだします♪
モブとしての最後の一仕事だ!!(^3^))





消火活動の妨げになる敵将を撃破し
本能寺一帯は鎮火。
残る敵将を撃破して行きます。
敵将の無双武将は尚香と周瑜。
人質を遠呂智に取られている呉の武将ですね。



その尚香に秀吉で対面すると
面白い会話をします♪





秀吉『ややっ!
  この娘、少しねねに似とるのう。揺れるハート




尚香『なに?人の顔じろじろ見ないでよ!』



秀吉『ううむ…。戦いにくい相手じゃ…。』




少しどころの
そっくり具合ではないと思いますがね。(笑)
ねねの若い頃って感じです尚香は。



ランキング参加中です〜。ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 19:45 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年06月21日

戦国1章「荊州の戦い」〜無双OROCHI〜

ここ数日、ブログをお休みしていましたが
…結局、ゆっくりなんてしてなかったよ。(笑)
ブログ以外の別の事してました。(^^;)
まぁ、こうなると思っていたけどね。



気を取り直して
今日から戦国勢力のストーリーです♪
あの、爆笑(?)エンディングに向けて
頑張りますぞ〜。
(^3^)





▼戦国1章 荊州の戦い


遠呂智の力により
戦国と三國の猛者達は次々と敗れる。


そんな中、信長は遠呂智に抗う者をまとめ
遠呂智を打ち破ってやろうと決意した―。




信長『業が…。渦巻いている。』



馬を颯爽と操り
遠呂智軍の兵士を倒して行く信長様。


すると行く手に
敵兵から囲まれている武将を発見する。
それは関平。



蜀の皆の仇を取る為に
遠呂智軍と戦っているようだ。



するとそれを見た信長様は
関平を囲んでいる敵兵を倒してやる。


関平『あなたは…!?』



信長『生きよ。
  この信長、業を束ねて
  うぬに問いに行こう…ぞ。』





という訳で襄陽城で奮戦する
黄忠と東の間道にいる関平を
救出する為に進軍する
信長、光秀、秀吉。(初期武将)




中央の敵の少ない進軍路を取り
城を目指します。
すると行く手に曹仁が現れます。




曹仁『乱を呼ぶ魔王と、乱を圧する魔王…。
  自分が戦の鬼となるならば、
  乱を圧する魔王のためよ。』




信長『面白い…。来い。』




無双OROCHIの世界では
乱を呼ぶ魔王=遠呂智 な気がするんですが
…えぇっと、どっちがどっちなのかな??


曹仁は遠呂智配下なので
この時はまだ
乱を圧する魔王=遠呂智 って考えなのかな;




まぁ、どっちにしろ
小さいおっさんには興味がないので
サクッと撃破して城に向かいます。





そう、城には敵将として
三成が攻撃を仕掛けているのだ♪
ここは一刻も早く
可愛い三成に会うんさ!(←秀吉風に)




城につくと三成発見♪




信長『三成…。
  うぬは何ゆえ…、遠呂智に与す…?』




三成『フン。
  戦う時ぐらい黙られたらいかがです?』




信長『クク…。』



信長様、笑っていらっしゃいます。
生意気言われてもきっと内心




愛い奴。




とか思ってるんですよ。(笑)
そして私の内心は
三成を小姓に…。ですがね。(阿呆です)




そして三成と秀吉は…


三成『秀吉様…。
  面倒な人にあったものだ。』




秀吉『ふふーん…。
  なーんか企んどるようじゃが
  わしを倒さんと、
  道は開けんぞ三成!』




遠呂智の世界でも
三成が秀吉様って呼んでくれる事が
ちょっと嬉しかったりして♪



心苦しくも
三成を撃破します。




秀吉『三成がわしに勝とうなんざ
  五年早いんじゃ!』




三成『五年…。
  案外早く追いつけるんですね。』








…ここのね、
三成の喋り方が可愛いんです!!!!!ヾ(≧∇≦)〃



信長様との会話では少し棘のあるいい方でしたが
秀吉に対してはちょっと甘えた感じというか
子供っぽいんです♪(^ー^)




で、三成の撃破後は
関平を救出し残る敵兵を殲滅していきます。
程なくして味方本陣に現われる曹丕。




信長『曹丕…。
  うぬは何故遠呂智に従う』




曹丕『貴様に答える必要などなかろう。』



信長『クク…。で、あるか。』








…こっちにもツンデレ属性が…。(笑)



その曹丕も撃破し
戦闘は終わります。




関平『先の戦では世話になりました。
  拙者は関平と申します。』



信長『クク…。
  生き抜く覚悟はできておろうな?』



関平『…は、はい!』



そして黄忠も
信長に救われた事に礼を述べ
ある事に気付きます。





黄忠『…おぬし、よく見ると曹操に似とるの。』



信長『曹操?』



黄忠『うむ、乱世の奸雄と呼ばれる男じゃ。
  出で立ちといい、
  雰囲気といいそっくりよ…。

  曹操は死んだとされているが…。
  本能寺とかいう場所で
  奴を見た者もいるらしい。』






という事で
次回は本能寺が舞台です〜。




ランキング参加中です〜。ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 20:06 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
2007年06月16日

呉終章「古志城の戦い」〜無双OROCHI〜

さて、今回で呉のストーリーも終わりです。
無双OROCHIの記事…、
結構、長いなぁ〜。(笑)


まだ、戦国勢力も残ってるってのに。(^^;)



▼呉終章 古志城の戦い



小牧長久手の戦いに勝ち
ついに孫家が揃った。


遠呂智の力もいかなる苦境も孫家の絆を
断つ事は出来なかったのである。



その絆を見せつける為
孫策達は古志城へ向かった―。




という訳で孫家の絆を見せびらかす為に
古志城へ進軍する孫策達なのですが…。






…あれだけ蜀陣営が苦労して辿り着けた古志城に
一体どうやって潜入したのか知りたいです。(爆)
(突っ込まないお約束でしょうか;)




戦闘を開始すると
孫家の人間が一人一人戦いについての意気込みを
発表していきます。



孫策『遠呂智。
  俺たちの絆を踏みにじった事
  後悔させてやるぜ!』





絆はもう若干お腹いっぱいなんですけど。
…まぁいいか。(^^;)




序盤ではお決まりの噴火砲制圧。
妲己も簡単に始末して
董卓のいる砦へ向かいます。



このときです。
私は近場にいる尚香と一緒に
砦に入ってしまったのですが
尚香だけ突入させて董卓に綴じ込められた方が
面白い会話が聞けるようです。
(^3^)



皆、口々に董卓を批判します。




蘭丸『けだものめ…。
  尚香殿は返してもらいます!』




確かに信長様に比べれば
けだものだよねぇ〜。
董卓には仕えたくない。(−3−)




左近『束縛はよくない…。
  女性の扱い、教えてあげましょ?』





うわ〜〜〜。
何か、エロい!!(笑)
(というか、左近はどんな台詞でも
エロく聞こえるぞ)




そして敵将を全て撃破すると
あける事の出来なかった砦が開きます。




呂布『この呂奉先と一騎打ちする猛者はいるか!
  遠呂智に挑みたくば俺を倒してみろ!』





…舐めるなよ。
左近、蘭丸はレベルMAX。
孫策だってレベル70超えてんだから!!




しかも難易度・易しいだ〜〜〜!!!
(笑)





孫策『あぁ、倒してやるぜ
  お前も遠呂智もな!』




左近『そびえ立つ壁ってとこですかい。
  まぁ、越えがいはあるけどね。』




蘭丸『たとえ無謀でも
  退くことはできません!』




ちゃっちゃと蘭丸のR1の一撃で呂布を粉砕♪



呂布『その無謀、褒めてやろう…。』



蘭丸で撃破したら上記の台詞が聞けました〜。
他のキャラだとまた違うんでしょうね。(^ー^)




そして残るは遠呂智。




遠呂智『貴様ら無双の力、我に見せよ!』



孫策『ああ、見せつけてやるぜ!』



蘭丸『この戦の果てに、
  希望を掴んでみせます!』




左近『左近の本気、お見せしましょう?
  …うらあぁ!』






とっても強い遠呂智も
強くなっている孫策達のおかげで
軽く撃破出来ました♪




取り戻せた孫家の絆は
より強固なものとなるでしょう。(^ー^)




以下、エンディング。
とてつもなくネタばれなので
反転表示にしています。




孫策『俺たちの絆を断ち切ろうなんて
  考えが甘いぜ!』



孫権『礼を言う。貴様のおかげで
  私たちはまた強くなった。』



尚香『これは今までの戦いで
  傷ついた人達の分よ!』



孫堅『孫家の団結力
  身を以て知るがいい!!』




孫家アタック(笑)を遠呂智にぶち当てて
遠呂智は消滅。



そして四人の下に周瑜、蘭丸、左近、
その他の武将が集います。








…というか、
孫家の人間しか
クローズアップされていないんですが。(爆)





他の武将達との絡みも欲しかった所です。





次回からの無双OROCHIの記事は
戦国勢力です。
ya.gifrank_006.gif


posted by アオ at 18:18 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。