2006年05月18日

コーエーが放つPS3ソフト「仁王」

今日も雀の話ではござらぬ;(ー_ー;)
(下手っぴだから思うように進まないのだよ;)


なので今日はここ最近、
ずっと気になっていた『仁王』の話!(^3^)


コーエーからPS3で発売されるらしいが、
これは一体なんぞや?
って事で少し調べてみました〜。(^3^)
<関連記事1>




それによるとなにやら、

『歴史アクションエンタテイメント』であるらしい。
●ゼネラルプロデューサーはシブサワ・コウ氏。
●発売時期は2006年の夏を予定。
●価格は未定。

「仁王」の舞台となるのは群雄割拠の戦国時代
日本人の父と異国の母を持つ金髪碧眼の武将が、
己の運命を切り開くべく、激動の戦いへと身を投じていく……
という物語。

このプロットは昨年発表された
黒澤監督の遺稿をベースにした映画「鬼 (仮称)」と同じもの。

本作のプレイステーション 3の先端技術と複合芸術が融合した
究極のエンタテイメント作品という本作品!
画像を見た限りでは1対多をメインとしたアクションゲームにも
見えてくる(らしい)。


記事をまとめてみるとこんな感じ。
ゼネラルプロデューサーはシブサワ・コウ氏なのか〜。(*ー〜ー*)
楽しみ♪むふふ…。
彼は『決戦3』でもゼネラルプロデューサーを務め、
私の中では決戦3はかなりの高評価なので〜。
(『決戦3』は全てが良かった♪文句のつけようがないです〜。(^3^)
プレイした事がない方は是非プレイしてみて下さい☆)



それと気になったのが『金髪碧眼の武将』
…長政様ですか?(爆)
(いや、目は青くないよ;)

ゲームのスクリーンショットも少し掲載されていますが、
その主人公はいないですね〜。
変な牛?みたいなのがいますが;
モ〜、主人公を見せてよ―――!!


あ、今ちょっとしたイラスト発見!
<関連記事2>


う!何かゴツい〜。(T0T)

本当にこれでいくつもりなの〜;
……見なかった事にしよう…。(ー_ー;)




そしてもう一つの記事で気になる一文を発見…。
<関連記事3>


コーエー、次世代プレイステーションで映画公開と同時にゲームを発売
シブサワ・コウ氏、黒澤監督の遺稿、映画「鬼 (仮称)」をプロデュース。

今回は「鬼 (仮称)」の制作に関する発表のみだが、
今後も映画の制作は続ける意向だという。
記者団の質問に答えたシブサワ・コウ氏は


「三國無双」を映画化する気持ちはあるようだ。


ま、ま、ま、マジっすか!?

う〜む、それはまた何とも…。
しかし、これが書かれた日付は2004年10月28日。
なくなったのかな?この話は。(笑)



ランキングに参加中♪
参考になりましたらクリックを!
→ rank_006.gif


posted by アオ at 18:31 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 仁王
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。