2007年10月11日

佐々木小次郎 五章「大坂の陣」後編〜戦国無双2猛将伝〜

三國無双5の発売日も発表されたことですし
早速、予約してきましたよ〜♪
バサラ新作と合わせて☆



何か、微妙にいつも恥ずかしいんだよね
店頭で予約するの。(ー_ー;)
女性の方はそう思う人が
多いと思うよ、きっと。(^^;)



ではでは、小次郎の本編最後の章の
記事書きますぞ!





▼佐々木小次郎 五章 大坂の陣 後編




家康のいる本陣へ鬼気迫る突撃をしていた
幸村を撃破した小次郎。
残るは秀頼のみ。



ここで秀頼を逃しては
天下は治まらぬ!
とした家康は
小次郎に秀頼殺害を命じます。




秀頼『豊臣の世もわずか二代で終わるか。


  まさに、
  なにわの世、夢のごとしであったな。』






そして天下が決した戦いが
終結を迎えます。




小次郎『これでお終い?
   そんな!可哀相だよ!!
   まだまだ斬ってあげなくちゃいけない人が
   いるのに!



   出てきてよ、武蔵!
   そして僕と斬り合おうよ!!』







すると何処からともなく武蔵が現れます。
小次郎に自分の思いを伝える為に
姿を現してくれたようです。




武蔵『てめぇが哀しくて
  放っとけねぇんだよ。』





小次郎は純粋に武蔵と斬り合うのが楽しくて
戦います。



武蔵は小次郎に”人を活かす剣”を教える為に
戦います。







そして勝負は決して
武蔵は小次郎の剣に倒れます。





こっからネタバレ!
読んで良い方のみ反転表示で!!




横たわる武蔵に呼びかける小次郎。




小次郎『ははは、武蔵。
   とうとう君に最高の死をあげられたね!』





上機嫌の小次郎は
武蔵の返答がなくて
さらに呼びかけます。




小次郎『ねぇ、武蔵。
   武蔵?』






そして小次郎は
しゃがみ込んで武蔵を覗き込みます。





小次郎『ねぇ、武蔵…。
   いなくなった…の?』









『あぁ……、これが………。』






絶望する小次郎。







エンディングはこれで終わりです。
何とも言えない最後な訳ですが
この小次郎はまるで
現代の(一部の)子供のような考えなのでしょうね。



人が死ぬって事を知らないみたいな。




ゲームみたいに
死んでも生き返ると
本気で思っている
子がいるんだってね。
何とも嘆かわしい事。




でも武蔵はそれを小次郎に
身を以て理解させてあげたんだね。



友達を斬って死なせてしまった小次郎は
これからどうするんだろう。
どう生きていくんでしょうね。






さぁ、小池徹平くんを見るぜぃ!!(^ー^)ノya.gifrank_006.gif






posted by アオ at 20:06 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国無双2猛将伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。