2007年09月29日

鋼鉄三国志 第二十四話「劉備の落涙、新たな光明を野に示す」

復帰、一本目が「鋼鉄三国志」の感想記事です…。
何ともいえぬ、この空気…。(笑)
忙しかった用事は8割方片付いたので
一応、ほっとしております。(^^;)




さて、鋼鉄も後一回で終わりです。
結局、私の記事を読んで
アニメを見始めたって人はいたんでしょうかね。(笑)






呉から逃れてきた陸遜と孫権でしたが
劉備に見つかり、攻撃に晒される二人。



陸遜の話を聞こうともせず、
関羽と張飛とお花畑を失った事
絶望を感じているようです。


陸遜は劉備に分からせる為に
剣を抜きますが、劉備の吹雪攻撃に
気を失ってしまい倒れます。



深層心理の中で
父親が殺されるシーンを思い出し
もう誰も殺されたくない!
と泣きじゃくる陸遜。



孫権も劉備の攻撃に晒され
その苦しげな声に陸遜は目を覚まし
孫権の危機を救います。



そして陸遜の一振りで
それまで凍てついていた大地は解け、
一面の緑と花畑になります。




出来るなら、初めからしろよ。
(笑)




劉備にも剣から出たその光を浴びせかけると
劉備はもとの姿に戻り
関羽、張飛の形見を胸に
陸遜に抱きかかえられています。



その様を覗き見していた孔明。(笑)
孔明の冷たい笑いを聞いた劉備は
急に苦しげな表情になり息を引き取ります。
(えーーーーーーっ!!!)



そして五丈原で羽扇を振るう孔明。
すると無数の隕石が落ちてきて
大地を焼き尽くしていきます。
(笑)
その惨状に希望を失いかける陸遜ですが



孫権『希望を失ってはいけません陸遜。
  聞こえませんか?皆の声が。』





すると数話前に凍っていた
呂蒙、甘寧、諸葛瑾、凌統たちが
ピンピンした姿で登場!




陸遜の光によって氷解していたようですが
つじつま合わせが強引過ぎて失笑です。(ー_ー;)



次回は「陸伯言、
紅き星落つ五丈原に舞う」です。
ya.gifrank_006.gif






posted by アオ at 20:22 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼鉄三国志
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:鋼鉄三国志/第24話 『劉備の落涙、新たな光明を野に示す』
Excerpt: 品質評価 100 / 萌え評価 0 / 燃え評価 100 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 50<br>レビュー数 1 件 <br> <br> 氷に覆われた山中で対峙する陸遜と劉備。..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-01 15:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。