2007年09月15日

鋼鉄三国志 第二十二話 「劉備乱心、凍てつく陰となりて江東を彷徨う」

関羽と張飛を呉の六駿に殺されたと
勘違いしている劉備は孔明に泣きつき
玉璽の力を得て呉に攻め入ります。


一方呉には魏の張遼が馬を駆ってやってきます。
っていうか、魏の敵将を城まで侵入させる
呉の警備ってどうよ。
(笑)


そしてその張遼は魏であった怪事件の話を
孫権に告げます。
魏を覆った風と一面の凍てつく氷。
それを聞いた孫権は魏への援軍を決断します。


ついにやってくる劉備。
上空から異形の姿でご登場です。





もう、何処から突っ込んでいいのか
分からない姿です。








キングギドラみたいな…、
何かそんな感じです。
(衝撃的過ぎて表現する気をなくします(爆))


アーマー状態になった
陸遜、凌統、呂蒙、諸葛瑾、甘寧は
戦おうとしますが
陸遜だけ孫権を守るため城に戻します。
またもや戦力外ですか?(笑))



そして五丈原にて玉璽の力を封印した孔明。
(司馬懿もいないのに五丈原ですか;)



そのせいで、アーマー状態が融けた
呂蒙、甘寧、呂蒙、諸葛瑾。
諸葛瑾は劉備に腹を刺され、
凌統は劉備に凍らされます。(ー_ー;)



一刻の猶予もないと悟った呂蒙は
劉備を倒す事を諦め、
劉備の足止めに徹する事を考えます。
しかしその時、劉備に見つかり
太史慈の幻影を見つつ
凍らされます。


甘寧は鏑矢で陸遜に危機を伝えると共に
劉備の総攻撃にさらされる呉の都。
陸遜は孫権の下へ走りますが
途中の階段で転げ落ち(格好わるい;)
目が覚めた時には
呉の都は氷の世界です。


そこには諸葛瑾、呂蒙、甘寧、
凌統の氷付けにされた姿が…。

呂蒙の顔が酷過ぎです;



陸遜はその光景を見て
民達の希望でもある孫権を
必ず生きて逃がさねばならない事を
決意します。



雪山に佇む孫権と陸遜。



無双の陸遜のデザインはどうなんでしょうかね。
南蛮臭が強いですが…;
ya.gifrank_006.gif






posted by アオ at 20:11 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼鉄三国志
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:鋼鉄三国志/第22話 『劉備乱心、凍てつく陰となりて江東を彷徨う』
Excerpt: 品質評価 19 / 萌え評価 11 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 38 / お色気評価 0 / 総合評価 12<br>レビュー数 26 件 <br> <br> 関羽と張飛、桃園の誓いを結んだ義兄弟が..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-10 20:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。