2007年09月08日

鋼鉄三国志 第二十一話「江陵の落日、武人の魂を侵奪す」

さて、前回死んだと思われていた関羽。
実は生きてました!!!



どんだけ不死身なんですかこの人。



生きて陸遜に看病されてます。
しかし関羽が口にした水には血が流れ
長くはない命を感じさせます。



そして帰って来ない関羽の事が心配で
乱心する劉備。
『関羽を呉の奴らから取り返してきて!!』
その命に従い張飛はまたしても
疑似玉璽の力を借りて
呉に攻め入ります。



それを見届けた孔明と趙雲。
そしてその趙雲にまたしても
疑似玉璽の欠片を手渡します。





そして…






趙雲の耳元で囁く孔明。
近い、近い、近い!!!




『私が誰よりも信頼しているのは
お前ですよ…。』




その言葉にうっとりした趙雲は
『有り難き幸せ。』


そう言って張飛の後を追ったようです。



一方、捕らえられた状態の関羽は
孫権に呼ばれ、呂蒙、陸遜の付き添い付きで
城からでます。
(何故、城の外で会うのかは後々分かります)




民達に囲まれ楽しそうな孫権。
しかしこの村の田畑は荒れ、
民達は困っているようです。



そこで孫権は
昔、関羽が田畑を耕していた事を
知っていたので関羽に託す事を望んだようです。
それを聞き、関羽は生き恥をさらす事を拒みますが
孫権に尋ねます。




『田畑ではなく花畑にしてはどうか』と…。



孫権は
花は確かに美しい、しかし花では人は生きてゆけない。
花があったとしても人は離れていく。
そんな世界を望んではいないと――。




その言葉を聞いた関羽は目を覚まします。
脱・お花畑!!



そして呉に攻め入る張飛。
既に疑似玉璽の力が覚醒した状態です。
六駿達の攻撃もききません。



張飛の気を感じ取った関羽は
張飛の下に向かい
攻撃を受け止めます。



『張飛、孔明がお前にくれた呪い。
俺がくれてやる。』





そう言って関羽は張飛から疑似玉璽の
力を取り出し。
力つきて(今度こそ)死んでしまいます。



そして張飛は関羽を殺した
孔明を討つと誓って呉に留まります。
(孔明、悪役♪(^^;))



夜、関羽を弔いながら酒を飲む張飛。
すると背後から趙雲。
張飛の口に疑似玉璽を投げ込み…。



そして疑似玉璽のせいで
我を失った張飛は
六駿達の前に現れ
関羽の様に人外のものになりそうになった時に
関羽の言葉を思い出します。



『お前は人の道を踏み外すな。』




その言葉を守るため
張飛は自ら散る事を望み、
体は儚く散っていきます。(>_<)





(今回、人死に過ぎ;)





そして関羽と張飛の死を
孔明と趙雲から聞かされた劉備は
散りゆく桃花の中
ただ呆然とします――。



次回は「劉備乱心、
凍てつく陰となりて江東を彷徨う」
ya.gifrank_006.gif






posted by アオ at 20:26 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 鋼鉄三国志
この記事へのコメント
ここで吐血が見られるとは思いませんでした(笑)
郭嘉は出ないし周瑜は飛び道具が貫通して死んでしまったので…
もう今更郭嘉は出ないでいいと思います(笑)
ある意味全員犠牲者ですから……(爆)

今回もなんだか私は置いてけぼりな感じで見ていました^^;
回が進むにつれつっこむ気力もなくなっていきます。
孫権は花より畑という感じですが、今更語ることか!?と思ってしまいました。この世界の君主は本当に謎ですw

今回が樊城だとしたら次ぎは夷陵で、私は一週進んでいる分もう見てしまったのですが、
はぁ………という感じです。
Posted by 桃丸 at 2007年09月09日 00:42
**桃丸さんへ**

>もう今更郭嘉は出ないでいいと思います(笑)

そうですね、今更出ても素敵なキャラ付けになってるだけですから♪(爆)
しかし一生の記念に出てきてもいいかもしれません。
(何の記念だ!)

>回が進むにつれつっこむ気力もなくなっていきます。

赤兔馬関羽からこっち、何だか諦めモードで突っ込んでます。(笑)
戦闘以外は楽しく見てるんですけどねー。私は。
最後をどう締めくくるのか気になります。
師弟愛はどうなるのでしょうね〜。(^艸^)

>はぁ………という感じです。

ニコ動で観たい誘惑に駆られましたが
観る時間がなかったので何とか踏みとどまってます。
劉備が物凄い事になってるんでしょうね…。(>_<)
Posted by アオ at 2007年09月09日 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:鋼鉄三国志/第21話 『江陵の落日、武人の魂を侵奪す』
Excerpt: 品質評価 21 / 萌え評価 26 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 21 / シリアス評価 26 / お色気評価 5 / 総合評価 17<br>レビュー数 19 件 <br> <br> 呂蒙の策によって、江陵で捕らわれの身..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-10 18:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。