2007年09月07日

ガラシャ 五章「大坂屋敷脱出戦」後編〜戦国無双2猛将伝〜

やっと三成が出ましたよ〜〜〜!!ヾ(≧∇≦)〃
ブレイドストームでも
三成(の中の人)が出てるんです♪


役所も格好いい!!
黒太子エドワードとの絡みが素敵です♪



あ〜、素敵すぎる…☆

猛将伝もこっちもプレイしたいゲームだらけです…。
今月はKATANAも出るんだったよね;




…時間が足らなすぎるよ;



▼ガラシャ 五章 大坂屋敷脱出戦 後編


孫市と依然離ればなれになったままのガラシャ。
いい加減、孫市を救出しに行きたいですが
強力な敵援軍が登場します。




島津『鬼島津が他人の奥方を捕らえて
  人質にしようとはな。』



左近『気持ちは分かるがぼやかないでくれ。』




そうそう、殿の焦燥感から出た策なんで
あまり責めないで下さい。
得策ではないけどね。(^^;)




元親『政治は百鬼夜行だ、世知長けた将ならば…。
  わざと妻を死なせ、
  三成への反感を煽るかもな。』



左近『そこまでする奴はいない。
  そう思いたいんだがねぇ?』




…皆して三成を悪者にしようとして!(>_<;)



そして救出した家臣により
瓦礫で塞がっていた道が通行可能になります。



そうしてやっと孫市を救出しに向かいます。



孫市『何で逃げねぇんだ!
  俺の事はいいっつったろ?』




ガラシャ『孫にどうしても一言
    言っておきたくてな。
    孫、申すぞ…。

    ダチの為に命を張る、
    それがわらわの約束じゃ!
    絶対約束を守ってまた会えると
    信じておったわ!』




孫市『おいおい、二言になってるぜ?』



ガラシャ『うるさい!
    さっさと逃げるのじゃ!』




そうしてやっと合流した二人は
脱出地点に向かいます。



孫市『約束か…、俺のダチは
  どいつもソレばっかだな…。
  だが、その約束で俺は今も生きてる。
  果報モンだ。』




この台詞、ちょっと泣かせるぜ。(ノ_<)



と、ここで一緒に逃げるのかと思いきや
孫市、隠密行動開始!(おい!)



また一人だよ〜。
って戦っていたら
その内大坂一体の火災が鎮火。
どうやら孫市が消防士さんを呼んでくれたようだ。(笑)




細い路地を通っていくと
義弘と遭遇。



義弘『お主、逃げてなんとする。』



ガラシャ『知っておる。ただわらわは
    それを言い訳に歩みを止めぬよ。』




義弘『あの乱入者に会って
  それを思い出したか。

  行け、お嬢…たとえ先にあるものが
  敗北であろうと
  お主の歩みには価値があるのだから。』





ありがとう、じいちゃん!
…だけど戦闘中に「敗北」とか不吉な事
言わないでくれ。(ー_ー;)




そして元親にも遭遇。



元親『時代の流れに従っていれば
  楽に生きられたものを。』




…流れに従ってたら
ここで終わりですよ!!



生 き れ ま せ ん ! !





ガラシャ『わらわは時代に流される特権は
    すでに放棄した!
    父・光秀に倣い、生がため
    時代に叛逆しておる!』




元親『それだぜ。』



”だぜ”って!!



一体、いつの時代の人だよ。(笑)





まぁ、格好いいから許すけどね。(^艸^)




そして最後は左近(+大谷さん)のみ!
…殿の事を思うと撃破したくないんですが。
頑張って戦います。



左近『おやおや、ここまで突破されるとはね。
  ま、歓迎の準備は整ってるんで
  …観念して下さい?』




…また、伏兵だよ!
勘弁してよ〜〜!

(戦闘中、至る所で伏兵が出てきました;)




そんなピンチに孫市登場。



孫市『おおーっと、そうはさせねぇぜ!』




ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
(↑いつの間にか「孫」と呼ぶ自分がいます;)




そして孫市と協力して左近を撃破し
大坂屋敷を抜け出しました☆




以下、エンディング。
ネタばれ以外の何物でもないので
大丈夫な方は反転して見て下さい;




戦後、朝焼けに佇む二人。



孫市『これで自由だ。
  どうしたっていい。何を選んだっていい。
  
  だがあんたは戻るんだよな。
  あの権力の渦の中に…。』



振り向くガラシャ。




ガラシャ『だが、孫の危機には
    命を張って駆けつけるぞ。』



孫市『えれえよ。』




この後は史実からいって
関ヶ原ですよね。
生き残ったガラシャは
一体どういう人生を歩んでいくんでしょう。




ガラシャの旦那様の嫉妬心が
物凄いので孫市を巻き込んでの
修羅場がはじまらないといいのですが…。






ガラシャの感想〜。




やっぱり最後まで馴れなかった
攻撃モーション。
遅いし、当たらんし、範囲が激セマ。



なので結局
お馬さんからの騎乗攻撃のみでクリアしたり
してました!!



騎乗攻撃なら千人斬りも
なんのそのなんですけどねー。




あと、合戦後の勝利画面での
台詞が好きです♪
光秀と同じ感じだったりするんですよね☆



この術は心を斬る為にあるのじゃ!




とか♪
あぁ、もしかして親子なのかもしれない…。
って思います。(笑)



外伝も勿論やるのじゃ!ya.gifrank_006.gif






posted by アオ at 20:02 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 戦国無双2猛将伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

戦国無双2
Excerpt: 戦国無双2戦国無双(せんごくむそう)はKOEIから発売されたアクションゲームである。対応プラットフォームはプレイステーション2、Xbox。ラインナップは以下のとおり..
Weblog: ちひろの日記
Tracked: 2007-09-08 14:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。