2007年09月06日

ガラシャ 五章「大坂屋敷脱出戦」前編〜戦国無双2猛将伝〜

骨が落ちてて、血だらけ☆
オペも見放題だよ☆☆



ってのはオペ室付きになった同僚の話。
想像よりも凄まじいのでしょうね;



絶対、行きたくありません。(笑)
処置室でバサラの光秀には白衣が似合うよな〜。
って妄想してる方がいいです。(ー∀ー)


関係ない話をしましたが
関係ない話ついでに職場の上司の名前は
左近です。(本当に関係ないな)



今回はその左近が活躍するステージ♪
…ガラシャの最終話なんですけどね!!



▼ガラシャ 五章 大坂屋敷脱出戦



長い年月が過ぎ、
ガラシャは細川忠興の妻になっていた。
時代は三成と家康の対立が表立ち
関ヶ原の合戦も近付いていた…。





ってか、十数年を『長い年月が過ぎた。』
だけで済ませるコーエーが笑える。(^艸^)
小紋太さんも書いておられましたが
有り得ない。(笑)



さて、そんなガラシャ。
大坂屋敷には夫の敵となる西軍の兵がやってきて
ガラシャを取り囲みます。



雑兵『奥方様、我ら西軍勝利の為に
  おいで頂きたい!』




ガラシャは慌てる事も無く
ただじっと座っています。
そこにやってきたのは孫市!!


孫市『約束だ。
  ダチの危機に命張りに来たぜ。』




頷くガラシャ。



戦闘開始です。
なのにいきなり離ればなれになっている
ガラシャと孫市。(^^;)
逃げてる間に離ればなれになったんだって;



左近『様子を見に来たら案の定
  騒ぎになってますかい。
  やれやれ、殿のためこの失策
  挽回しとくかね。』








イイ!!!(=∀=)/
殿の為に頑張る左近、最高!!





むしろこのステージは
殿の為に頑張る左近を見るステージだと思っている!!!(←最悪)



そんな左近は殿の為に策を披露。
本能寺を焼き討ち♪
(大坂とか言って、本能寺ステージ使い回しです☆)
逃走経路を押さえ、
瓦礫により道をふさいでいきます。



各地で奮戦する家臣を救出していくと
その家臣から忠興の命を聞かされます。


こういった不足の事態になった時には
ガラシャの命を取り、
自分たちも自害する様に…。




ガラシャ自身も
勿論その事に気付いていたのですが
孫市と再会したお陰で希望を取り戻し
家臣達を救出しつつ
孫市との合流をはかります。



途中ガラシャの活躍もあり
小早川秀秋が裏切り!(笑)
大坂屋敷包囲軍から抜け出します。おーい;



しかし強力な敵援軍到着。



長くなったので次回に続く〜ya.gifrank_006.gif






posted by アオ at 20:27 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 戦国無双2猛将伝
この記事へのコメント
アオさん こんばんは!

文中に自分の名前をみつけてびっくりしましたが(笑)

ガラシャ最終話は時間飛びすぎですよね。

大人(人妻)になったガラシャに興味を持たない孫市もすごいなと思いますが、かなり時間が経ったはずなのに、一緒にいた当時となんら変わらないガラシャもすごいなと未だに感心しています(笑)

稲姫は前の猛将伝だと2Pで母性あふれる←?お姫様姿になっていてよかったんですがね〜…

次回作では大人になったガラシャも見てみたいです。

Posted by 小紋太 at 2007年09月06日 22:07
**小紋太さんへ**

おはようございます〜。
ビックリしましたか?(笑)
以前お邪魔した時に記事中で書いておられて
凄く同じ考えだったので出しちゃいました。(^^;)

>ガラシャ最終話は時間飛びすぎですよね。

ゲーム発売前は最終話は大坂かとも思っていたのですが
ゲームプレイ(1〜4話)していると時系列からいって
本能寺で父上と…?と思っていたのです。
が、完全に読み違えてましたね。(^^;)
流石、コーエーです。数十年後もなんのその!
(それならお市もあのままでいいじゃないか!!(爆))

>大人(人妻)になったガラシャに興味を持たない孫市

孫市は結構人妻も好きですよね。
なのに手を出さないのはダチから始まったからでしょうか。
それともガラシャの父上の情人を殺してしまった
負い目からでしょうか?(笑)

>稲姫は前の猛将伝だと2Pで母性あふれる←?お姫様姿になっていてよかったんですがね〜…

あれは私も好きでした!!
お姫様コス可愛かったですよね〜。
懐かしい…。(ー∀ー)

>次回作では大人になったガラシャも見てみたいです。

お市みたいに全てを諦めたキャラは嫌ですが
普通に育ったガラシャは興味あります♪
Posted by アオ at 2007年09月07日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。