2007年08月18日

鋼鉄三国志 第十八話「桃園の義兄弟、蜀の山野にて絆の花を見る」

職場に新しい方が入ってきたのですが…。
22歳で6歳の子供をお持ちなんだとか…。
(しかも下にもう一人いる)






これでまた看護婦さん達から突っつき回されるのは
私だけですよ。(笑)
20代前半なんだからまだ結婚なんて
どうでもいいっての。




****つぶやき終了。





蜀の国を脱出しようとしている六駿。
劉備軍は北へ向かい、魏と一戦交える様子。
なので陸遜達はその戦いを避け、
手薄と思われる所から脱出する作戦を立てます。




魏の将は曹仁と許チョ。
関羽と張飛は劉備のお花畑の為に出撃します。



すると曹仁の下に蜀から寝返った武将が一人。
顔はほぼ隠れていますが蜀の将、趙雲です。
孔明からの何らかの指示
(埋伏の計?)があると思われます。



魏の兵士達はそのまま蜀の地に攻め入り
劉備の花畑を荒らします。
劉備はそれに怒り



『関羽と張飛。
奴らをお仕置きしてきて!』





と言って、魏軍への攻撃を命令します。
その命を聞き、関羽と張飛は
『桃の花を散らせはしない。』
と言って疑似玉璽の力を使って戦いに挑みます。



その煌星の力を感じ取った陸遜は
彼らの戦う戦場へ走り出してしまいます。
いい加減、一人で突っ走るのはやめろ;




そして戦場では関羽と張飛の我を忘れた攻撃の前に
曹仁達は恐れ退却する事にします。


関羽と張飛の力で魏を撤退させたものの
二人、互いに人間性を失った相手に襲いかかります。
関羽と張飛は互いを滅すまで戦うつもりでいますが
その異変に気付いた劉備は二人の下へ駆け寄り
二人の争いを止めに入ります。




『関羽、張飛、喧嘩は駄目だよ!!
桃園の誓いを忘れたの!?

僕と一緒にお花畑を広げるんじゃなかったの!!?』





劉備は泣き叫びます。
その思いが届いたのか我を失っていた二人は
自我を取り戻し
劉備を優しく抱きしめます。





さて、煌星の力の下へ走り続けた陸遜君。
太史慈のによって制止され
孫権の下へ帰る事を諭されます。



最近、駄目駄目な陸遜ちゃんですね〜;



今回はそんなに突っ込みどころがなかったので
簡素な感想だな。
(前回のはありすぎだ(爆))


次回は「猛き太史慈、中原の大地に仁王立つ」です。ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 18:35 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 鋼鉄三国志
この記事へのコメント
「桃園の誓い」が・・・なんだか怪しげなモノに
なっているようですね^^;
赤壁後は、オリジナルストーリーになっていっているのでしょうか?

22歳で6歳の子ってことは・・・
奥様は女子高生的なお話しですね〜^^
Posted by 元康 at 2007年08月20日 19:55
**元康さんへ**

陸遜と凌統で桃園の誓いをしているシーンでも
ありえねぇ〜。と思いましたが
本家は本家でちょっと有り得ない感じになってきました。(^^;)

赤壁後のストーリーは…、どうなのかな;
確かにオリジナル要素も多いですが
劉備が蜀を建国したり、公式サイトを見ると
この後に呂蒙が関羽対策に当たったりするようですから
やっぱり本筋は三国志の通りに進むんだと思います〜。
(たぶん;)

>奥様は女子高生的なお話しですね〜^^

本当、ビックリですよ。
しかしながら、
若い身空で凄いな…、と尊敬します。(^^;)
Posted by アオ at 2007年08月20日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:鋼鉄三国志/第18話 『桃園の義兄弟、蜀の山野にて絆の花を見る』
Excerpt: 品質評価 5 / 萌え評価 5 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 29 / シリアス評価 47 / お色気評価 0 / 総合評価 16<br>レビュー数 17 件 <br> <br> 太史慈達の助けで張飛から逃れた陸遜と凌..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-20 23:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。