2007年08月14日

戦国7章外伝『金ヶ崎の戦い』〜無双OROCHI〜

▼戦国7章外伝 金ヶ崎の戦い



遠呂智軍は各地の戦局を打開するため
反・遠呂智勢力のいる金ヶ崎へ
政宗を派遣する。


その金ヶ崎にいたのは
黄忠率いる少数の守備兵だけだった―。





戦闘開始。
手始めに目の前にいる敵将を撃破しているうちに
味方本陣に張コウが突撃している。(^^;)



こりゃあ、早く助けた方が良さそうだ。
って事ですぐさま本陣に走っていく。




すると…





張コウ『盛りが過ぎれば花は散るもの
   美しく散りなさい!』




黄忠『ほざいておれ、この小童が!』



張コウ『盛りが過ぎたとも思えぬ武勇…。
   見事な程に美しき散り際です。』




黄忠『黙れ!
  散りそうなのは貴様じゃろうが!』





あ〜、そんなに怒ったら血圧上がって
それこそ昇天だってば;;;
おじいちゃん、
落ち着いて落ち着いて。(笑)




その張コウを撃破すると
援軍を呼ぶ伝令兵が出現します。
例の如く伝令兵を守る黄忠。



しかし伝令兵の脱出地点まで
そう簡単に行ける訳でもなく
政宗の用意した伏兵が次々と現れます。



最後のとどめには呂布まで出てくる始末。







赤兔馬で体当たりされたら
一撃で死にそうです…。
(伝令兵が)




そんな呂布から伝令兵を守る為に戦っていると
忠勝登場!





呂布『ほう、その辺の雑魚とは違うようだな。
  己が勇を誇るなら、俺に挑むがいい!』




忠勝『我が武に挑むは貴様の方よ!
  参れ!』






う〜ん、何か二人で盛り上がってるみたいだし
放っておいていいかな?(笑)
しかし、そのままにしていては
伝令兵が援軍を呼びにいかないので
仕方なく自分も戦います。(オイ)




その呂布を忠勝と撃破し
援軍の小喬登場。
(頼りになる援軍だこと。(爆))




その後は敵総大将・政宗の下へ
(会話イベント少ないからサクサク進むな〜;)






政宗『貴様らが抗わねば天下は治まる、
  何故わからぬ!』




黄忠『遠呂智が民を思うか?
  奴の下で平和がおとずれるか?』




政宗『わしや皆で支えれば
  民の平和も守れるわ!』




黄忠『若きゆえ夢もみよう。
  が、現実はそう甘くないわ!』






そうそう、現実はそう甘くない!
お盆休みも無い!!!






だからブログにもお盆休みが無い!!!






…見てくれる人も少なそうだ。(泣)
(オロチの日記が終わったら
ちょっと休もうかな…。(^^;))







…本音がちらりと出ましたが
その政宗を撃破して終わりです。




最近また『蘇る逆転裁判』やってます♪
御剣いいねぇ〜。(ー∀ー)
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 19:44 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。