2007年08月11日

鋼鉄三国志 第十七話『草庵の再会、師弟の深縁益州に交叉す』

果たして昨日の記事で
ニコニコ動画を見てくれた人がいるのか
激しく心配なのですが

今日は鋼鉄三国志の記事です!


放送地域じゃないアニメ、
録画し忘れたアニメを見るのに最適ですね。
(著作権うんぬんはありますけど;)



多いに録画を忘れてニコ動みながら
書いた感想をどぞ!(^^;)





今回の見所は
孔明の暴走ですね。



誰か我が師を止めてくれ。
暴走につぐ暴走です。



兄さんを後ろから襲うのはやめれ。




では本文、どぞ。





孔明に玉璽を奪った真相を聞く為に
蜀に潜入した陸遜。
ついに孔明の草庵についた陸遜。



問いつめる陸遜に孔明。



『諦めたのです。

この世は無情で人は無力。
この世の愚かなる人間を我が手で統べる。
玉璽はそれを可能にする。』





その孔明の言葉を聞いた陸遜は
孔明が信じられず
『孔明様は嘘を言ってらっしゃる!』
と叫び草庵を出て行ってしまいます。



っていうか、
草庵から出てからの陸遜。
なんだあれ。(爆)



森の中で刀を振り回しながら
泣きながら走ってますよ。(=口=;)




そしてひと暴れもふた暴れもした陸遜は倒れふし
そこに凌統がやってきます。
(陸遜の発狂具合を遠くから見てたんだろうな〜)



心配してるんでしょうね彼も。




所変わって玉璽の安置場所
(大量のお花の中に安置されてます)に
孔明と劉備。


お花好きの劉備はお花があれば皆幸せになれる。
呉の孫権も魏の曹操も本当はお花を焼きたくないけど
玉璽の為に花を焼く。
なら玉璽を壊したら誰も花を焼かなくなる。





  ↓  ↓  ↓



『なら、玉璽を壊そう♪』




…どういう思考回路だ!?
っていうか、後ろでそれを聞いてる孔明から
『滅!』っていう視線が感じられますよ!!!



危険だ劉備〜〜〜〜〜!
殺されるぞ〜〜〜〜〜〜〜!!




実際に劉備は玉璽を壊そうと
玉璽に手をかざしますが
玉璽の力にはねのけられ
吹っ飛んでしまいます。





孔明の胸の中に。(爆)



孔明に抱かれ、二人は花畑に倒れます。
どういうアニメだーーーーーーーー!!




そのまま
孔明は劉備を胸に抱きながら
玉璽の必要性を説き伏せ。
いつまで劉備を抱いとんじゃ、孔明!
劉備もそれに納得します。




しかし事態は意外な方向に!



蜀の村。
民達は役人に退去を命じられています。



『ここは花畑にする!
ここは菜の花畑になるのだ!
出て行け――――――!!!!』







うおおおおおぉぉぉい!



ちょっと待て;
どんな独裁政治だよ。
(爆)



問答無用の村の焼き討ち。
兵士に追いすがる爺さんも蹴り倒すしまつ。
しかしそれを見た陸遜は
諦めの表情で立ち去ってしまいます。
どうしたんだ紅の武者!
(それほど孔明の爆弾発言がきいたのだろう;)



その後孔明は
関羽に陸遜討伐の命を授けます。
自分の弟子である陸遜の討伐を言い渡す孔明に
関羽と張飛は驚き
張飛は関羽の体調の悪さを心配して
一人で討伐に出かけていってしまいます。




(中略(笑))



どういう訳か
呉へ帰る陸遜達を見つけ出した張飛は
陸遜に決闘を申し込みます。
決闘場所に来なかったら村を焼いていく。
その言葉通りに張飛は村を焼き、
凌統はそれに耐えられず張飛に戦いを挑みます。
(意味わからんし、森でそのまま戦えよ;)




そしてその戦いを遠くから見ている(?)
諸葛兄弟。
(諸葛瑾も呉に潜入していた模様です)




瑾もまた孔明の変りように驚き
孔明を止めようと
抱きつき(違)両手を握りしめ
そんな考えを改める様に懇願します。




一方、張飛と戦っている凌統。
危ない所をやっとやる気(?)を出した陸遜に助けられ
形勢逆転かと思いきや
錯乱状態の関羽登場。(ー_ー;)




その関羽は張飛の事も分からず
ただ壊したいだけ。
相手は誰でも良いようです。



そしてまた諸葛兄弟。


『情念。


この世に一つ情念を残すとすれば
それは兄上、貴方の存在。

(この辺りで兄上の手を取る)



兄上は本当に愚かなこの世を愛するのですか?
(バックから孔明密着。
おののく兄上。



やばい、やばい、ヤバい!



妄想が変な方向に引きずられます;




一応、一般向けブログなので
この変で自重しておこう
でもどう見ても、は…)





私の変わりに。』





ってか、途中途中で挿入される
関羽戦とかどうでもいい〜〜〜〜〜!(←壊)




武将っぽく(?)戦わなくていい〜〜〜〜。
イチャイチャしてればそれでいい〜〜〜〜〜〜。

(あまりの出来事にリミッターが振切れた;)





訳分からん、このアニメ〜〜〜〜。
『天華』の孔明よりある意味凄い〜〜〜。






まぁ、それは置いておいて;
関羽戦に何故か呉の甘寧や呂蒙、太史慈らが終結して
関羽を押さえます。
そして張飛は関羽を正気に戻す為に
腹に一発くれてやり
気を失う関羽を担いで
どこかへ去っていきます。
(途中の劇画タッチはなんだ;)




場面がまた諸葛兄弟に移ります。







おーーーーーーーーーーーーーい!





まだこの兄弟、抱き合ってるよ!!!!
テレビだぞ、自重しろ!!!




しかしながら
諸葛瑾は孔明の手を振りほどき




『軽いな。一度離した手は軽い。
もう私たちに過去は無い。』




そう言って瑾は孔明との決別を宣言。
孔明はその意を受け。



『これで生まれてきた意味を
捨てる事が出来ました。』






と言って
立ち去る兄を追う事もしませんでした。




次回は「桃園の義兄弟、
蜀の山野にて絆の花を見る」です。
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 18:31 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼鉄三国志
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:鋼鉄三国志/第17話 『草庵の再会、師弟の深縁益州に交叉す』
Excerpt: 品質評価 12 / 萌え評価 12 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 50 / お色気評価 0 / 総合評価 17<br>レビュー数 24 件 <br> <br> 蜀の草庵で、孔明との再会を果たす陸遜..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-13 00:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。