2007年08月02日

口調バトン

兼続「ふっ……。
  この私の義と愛に溢れた交換日記を、
  受け取ってくれ!!島左近!」





という事で
今日は大好きなんだもん♪のアリサさん改め、
直江兼続から頂いたバトンをしたいと
思います〜。





【口調バトン】


掟0:絶対掟は守ること。

掟1:回された人は回してくれた人の
指定したキャラの口調で日記を書くこと。

掟2:日記の内容は普段書くものと同じで構わない。

掟3:回されたら何度でもやること。

掟4:アンカーを突っ走る事は禁止されている。

掟5:口調が分からなくてもイメージ。

掟6:これ以外のバトンとか貰ったら
その回してくれた人の名前もキャラなりの呼び方にする。

掟7:最後に回す人を絶対5人指定すること。



アリサさんからは
次に持って帰る人は
「三成、幸村、左近、曹丕、孫権」
の中から選ぶ様に指示がありましたので
孫権以外の左近にしました!(笑)



いつもなら三成とか選びそうですが
今回は左近でいってみたいと思います。


書く前からなんですが
女性向けな内容になりそうだな…。
という危険がプンプンするので
記事を折り畳もうかな。(^^;)
(来たリンクによっては初めから全表示です;
ごめんね。)

*************************



どういう訳だか
兼続さんから日記が回ってきましたよ。
なんなんでしょうね、あの人。
交換日記をする程
仲良かったようには思えないんですがね。
(左近と兼続がって事ですよ!!)




要はまぁ、日記を書けばいいって事ですね。
と言う訳で、まずは左近の日課、
殿を起こす所から書きますかね。



殿はあの見た目通り朝は弱い方で
しかも他人に自分の弱点を見られたくないお人ですからね
殿を起こすのは左近の役目って訳です。
(兼続さん、羨ましがっても
これは左近の役目ですからね。譲れませんよ。)






ガラリ。



三成の休む部屋に入ると
そこには寝乱れ一つない三成が眠っている。




ふう。
いつ見ても難しい顔で眠ってらっしゃる。



日中は人一倍仕事をして
夜も遅くまで仕事する。
もしや夢の中でも
仕事してるんじゃないでしょうね、殿?
本当に損な性分のお人だ。




「殿…。朝ですよ。」





「…っん。」




切れ長の瞳がゆっくりと見開かれ
そこには左近の姿が映る。




「左近…。」




「おはようございます。殿。」




「………。」


「どうされました?」



「…………。
嫌な夢を見た。」



「嫌な夢?」



左近は三成に夢の内容をいう様に促すが
三成は言おうとはしない。
顔色も冴えず、
黙って身支度を整えようとする殿を制止し
左近は優しく話しかける。




「殿。明け方の夢は正夢になると申します。
左近に言っておしまいなさい。
人に話せば嫌な夢も正夢にならないそうですから。」




「……。」




他の誰に助言されても聞かない三成だが
左近に言われては仕方ない。
頭の中に残る鮮明な記憶を語りだす。






「戦場の夢だ。

そこで俺は総大将となり
何万という兵士の指揮を取る。」



「ほう。随分と大きな夢ですな。」


「茶化すな。」



三成はそう言って左近をたしなめた後
また話を続ける。



「そして
俺はある事に気付く。」



膝の上で握り締めた拳が痛々しい。






「――左近。
お前がいないのだ…。」





「俺は不安に駆られ、
皆の制止を聞かず
乱戦状態の戦場へ駆け出す夢を見た――。」






「……。」





「ははははは。」




「?!何を笑う左近!!
お前がいなくなる夢なのだぞ!?」


なおも笑い続ける左近。
涙目ながらも三成に笑った理由を説明する。


「いえね。
殿がそこまで左近の事を思って
取り乱してくれる様を想像しまして
失礼ですが、

”お可愛らしい”と思ったのですよ。」




「な!
主君に向かって可愛らしいとはなんだ!!
馬鹿にするのもいい加減にしろ!」



「すみませんね。」




三成はその左近の態度に腹を立て
部屋から出ていってしまった。
一人残った左近。




「明け方の夢は正夢になるか…。

何にしても左近は殿を守って
死ねるということだ。
これ以上の幸せは無い。」





そう言って立ち上がった左近。



「しかし、他の家臣に
殿を離すなと言っておかないとな。
…困ったもんだ。」




部屋を出ると朝日が眩しい。
いつも通りの日常がはじまる。




「殿、何処へ行かれるんです?
この左近もお供しますよ。」





***********************




……ちょっと待て。
途中から小説になっとるやないか!!(=口=)ノ





…ごめんなさい、アリサさん。
いつの間にかこんな事に…。
なりきったのは初めの数行だけではないか!



……猛省しております。m(_ _)m





なりきるのが結構難しかったと判明した所で
智謀+美貌≒無謀の桃丸さんにバサラの半兵衛でいかがでしょうか?


その他やってみたい方。
どうぞご自由にお持ち帰り下さい!!!!




もう少し付け足ししたら
20ページ位で本になりますね、これ。(笑)
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 21:16 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | バトン
この記事へのコメント
「左近!! よくやってくれた!
 お前の功に、全軍が喝采するであろう!!
 お前を選んだ私の義の目に、狂いは無かったという事だな!
 『兼続さん、羨ましがってもこれは左近の役目ですからね。譲れませんよ』だと?
 ふっ、譲れなどとは言わん。
 ……ただ、その……
 ……1度だけ、代わってくれないか?
 なに? それもダメだとぅ?
 お前には義というものが足りんようだな!!
 ならばその義と愛の交換日記、再び私が書いて、教えてやろ……ごふぅッ!」
(主・上杉景勝キックによって強制終了&越後へ強制送還www)

しょっぱなから暑苦しくてスミマセン!!
いや、もう、アオ様ッッ!!
バトン受け取っていただけただけでも嬉しいですが、こんな素敵な回答(?)をして戴けて、毎回のことですが大興奮してしまいましたッ(≧▽≦)ノシ
イヤー☆左近、素敵ィィ!!
キャー☆左近、オトナ〜!!(謎)

読みながら、ハァハァ言っとりましたが、途中から関ヶ原を彷彿とさせる内容に、涙がじわりと……!(事実(;´д⊂))
素晴らしいものを読ませていただき、もう今夜は満腹(爆)
台風が今から直撃しようとしてますが、そんな中をジョギングしてしまいそうなくらい、テンション高いですよ!(やってみやがれ)

朝弱い殿だなんて……可愛すぎです……ッ☆
(*´艸`*)
左近!そのまま殿の寝込みを襲っt……(コラー!)

>何にしても左近は殿を守って
 死ねるということだ。
 これ以上の幸せは無い。

・゚・(ノД`。)・゚・ぶわぁっ(号泣)
ダメです、もう泣けてしまいましたよぉぉぉ!!
"島左近"のこういうところが本当に大好きです!
素晴らしい文才をお持ちのアオ様、拝んでしまいそうです〜(*´人`*)アリガタヤ〜
反省なんていりませんよ、マジで!

>もう少し付け足ししたら
20ページ位で本になりますね、これ。(笑)

……続き、読みたくなってますwww( ̄m ̄*)
いやもう、続きじゃなくてもいい!
また機会あったら、佐和山主従の話、読んでみたいものです♪
本当に本当に良い物見せていただきまして、ありがとうございました!
ヽ(*´∀`*)ノ
Posted by アリサ at 2007年08月02日 23:12
**アリサさんへ**

お目汚しでしたがやらせて頂きました;;;;
しかもバトンの趣旨が違ってしまって
本当申し訳ない!!

>読みながら、ハァハァ言っとりましたが、途中から関ヶ原を彷彿とさせる内容に、涙がじわりと……!

ハァハァして下さいましたか〜。
18禁でもなんでもないですが(笑)そう言って頂けると嬉しいです〜。
初めは注意書き通りもっと女性向けなものにしようと
思っていたんですが
(殿の寝姿にクラッとくる左近とか。色々考えてました)
書いていくうちに段々、当初の予定とは違う方向に進んで……
兼続さんから貰った日記とのカラーが全く違うものに
なってました;
でも最後は明るくしてやりたかったので
無理矢理にでも日の当たる方へ持っていきました。(^^;)

>"島左近"のこういうところが本当に大好きです!

私も左近のこういう所が好きです!!
(同士よ!!!←兼続風に)
献身的な愛(思い)というか、
殿への思いが至上命題で自分の主君の為に死ねるなら
それ以上の幸せは無い。
と言い切れる彼が好きなんです。

>また機会あったら、佐和山主従の話、読んでみたいものです♪

有り難うございます〜。
イラストサイト向けに色々ネタはあるので
ショート漫画もまた載せていきます♪
(中々、時間が取れなくて。(T_T))

機会があればこっちでも載せます☆
Posted by アオ at 2007年08月03日 07:45
頂こう(アイテム?取得時)
半兵衛は相手によって口調がころころ変わるような気がする(?)ので、
頑張ってみます。これからセリフサイト廻りです(笑)

佐和山主従は本当に素敵ですよね〜!
臣下が殿を起こすというシチュエーションに萌えます^^
私は遠征の疲れで泥のように眠っていたところを母に半暴力的に起こされたので…………三成羨ましいなあ(爆)
三成はそのまま朝機嫌が悪ければいいですね(笑)
そんな殿も可愛いんです。きっと。
西軍は結局は負けてしまいますがその中でもドラマチック!(幸村?)だから惹かれるんです。
主君を守ろう!というシチュエーション・心境はどうしても旗色が悪くないといけませんから……
眼福ご馳走様でした!!<(__)>

孫権ってどういう口調なのでしょうね。
似非女の子か、無双かでかなり違いますが…
確かに考えるとわからなくなってしまう………上司なのに………(笑)
Posted by 桃丸 at 2007年08月03日 19:28
**桃丸さんへ**

受け取ってくれますか。
ありがとうございます〜。
バトン系って周瑜で回す事が多い様に思うので
たまには半兵衛に登場してもらいました。(^^;)

そして遠征お疲れさまです!
疲れた身体の桃丸さんが
母上様に起こされては可愛そうなので
左近のエロボイスを耳元で囁いてもらって起床出来る様に
手を回しておきます。(笑)

>主君を守ろう!というシチュエーション・心境はどうしても旗色が悪くないといけませんから……

敗者の美学もありますからね〜。
その志が高ければ高い程
感情移入してしまいますし…。(^^;)

>確かに考えるとわからなくなってしまう………上司なのに………(笑)

鋼鉄三国志の周瑜の台詞にそんなのがありましたね。
「俺より孔明の方が孫権の事が分かっている!」ムキッー!
みたいな。(オイ)

私が孫権を外したのは萌えないからです。
(ぶっちゃけた!)


では楽しみにしております〜。
Posted by アオ at 2007年08月03日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。