2007年07月17日

戦国3章外伝「下ヒの戦い」〜無双OROCHI〜

久しぶりに無双OROCHIの記事ですね。
あともうちょっとだから頑張ればいいんですが
違う記事も書きたくなるんだよね〜。(^^;)



▼戦国3章外伝 下ヒの戦い




陸遜は孫呉の将の中でも
遠呂智に従属する事を
よしとしない将を集め遠呂智に
抵抗していた。



それに対し遠呂智は曹仁を差し向け
遠呂智に破れた陸遜軍は散り散りとなり
陸遜は下ヒ城に追いつめられてしまった。



と言う訳で無双OROCHIでやたら優しくなった
信長様に連れられて
孤立無援の陸遜を助けに行きます。





陸遜『地の利を生かして
  耐えるしかありませんね…。』




大丈夫か陸遜!
待ってろ、今助けに行くぞ!
と、陸遜で放火しまくりたい管理人は必死です。(笑)




下ヒ城までの道すがら
敵将を倒していき
袋だたきにされている陸遜を救援。




陸遜『あ、あなたは…?』



信長『織田信長…。
  うぬが生、拾いにきた。』




陸遜『この方の風格、ただ者ではない…。』





この魔性のオーラ、
ただ者である訳がないです☆Ψ(`∀´)Ψ
第六天魔王だからね。(笑)



そして周りの敵兵を一掃するために
秀吉に交代すると…




陸遜『敵がここまで?
  …この上は戦って果てるのみ!』




秀吉『いや、味方じゃ味方!
  背丈で判断すんな!』





背が低いからって
遠呂智軍の兵士と間違うなよ!!
(−3−)ノ
肌の色は一応、肌色だよ〜〜!
(遠呂智軍は水色(だったよね;))




そしてその後、
陸遜と連合して遠呂智軍をかいくぐり
本陣へ一度帰還します。




陸遜『集えば力は相乗されます。
  戦局を好転させましょう。』





この時、陸遜と一緒に本陣に向かうわけですが
今までの無双なら護衛ミッションとかって
護衛されてる将が敵に向かっていく一方で
中々進んでくれなかったりしますが
この陸遜は違います。




プレイヤーを放ったらかしで
スタコラサッサと本陣へ走っていきます。





…気付けば自分だけ敵に囲まれてて
泣きそうになりますね。(笑)
酷いよ陸遜。(;_;)





その後、無事本陣に退避した陸遜は
「さあ、反撃に移りましょう!」と言って
今度は敵に向かって一直線!!








…この暴れん坊め。(T_T)
(兼続の名言)




アンタが死んじゃうと敗北しちゃうのにさ…。
頼むから
本陣でじっとしておいて下さい。(ー_ー;)




そして力を合わせて遠呂智軍を撃破した
陸遜は信長様の軍に加入してくれました♪






これで放火し放題だ♪Ψ(`∀´)Ψ





因に陸遜を仲間にする条件は
「味方武将が誰も敗走していない状態で
陸遜と連合し陸遜が生存した状態でクリア」
です。





▼陸遜 入手可能



昨日、Wiiを購入してきました。
これで準備万端です♪待ってろ『戦国無双KATANA』!
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 19:39 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
この記事へのコメント
これは個人的にとても難しかったです!!
何回も陸遜が死んだ気が…無双2並に味方が弱いので、大丈夫だろうとほおって置くと体力があと一ミリとかの時がありますからね(味方のせいかよ;)
その時は必死で守りますが、自分から好戦的に戦いに出てしまうと本当に哀しいです。
とくに目の前で倒れられたりとかする時は………

>本陣でじっとしておいて下さい。(ー_ー;)

これこれ、こ れ で す よ(誰)

弟と戦国は2人でやっているのですが、
弟が陸遜敗走=敗北という当たり前のルールを分かっていなかったので(馬鹿)
かなり喧嘩になりました。それも二度目の敗北だったのに…

Posted by 桃丸 at 2007年07月17日 22:56
**桃丸さんへ**

ぎゃっ!バサラ光秀がいる!!(笑)

味方が敗北条件ってのは辛いですよね;
難易度上げると守っている余裕ないですから
余計に焦ります…。

そして何故、好き好んで死地に向かうのか…。(ー_ー;)
足手まといは(酷)本陣で待機しておいて下さい。(笑)

>とくに目の前で倒れられたりとかする時は………

これは自分が討死するより
堪えますよね;
心の中で「○○〜!!」って叫んでしまいます。(^^;)
Posted by アオ at 2007年07月18日 07:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。