2007年07月08日

戦国3章「九州の戦い」前編〜無双OROCHI〜

このシナリオは左近の不憫さが
笑いを誘うステージです。(^^;)
長くなりそうなので
何回かに分けて書きたいと思います!



▼戦国3章 九州の戦い



遠呂智に抵抗する軍は
趙雲軍、陸遜軍、夏侯惇軍、孫策軍、
そして信長軍であった。



そこで信長は九州で割拠する独立勢力を
吸収合併するべく軍を進めた―。





信長『クク…。
  三方より進み、併呑せよ。』




張角『太平の地を踏み荒らす
  悪しき者どもよ!
   天意に従い我が裁きを下す!』




秀吉『わっちゃー、
  信長さまに向かって
  怖いモンなしな…。』




左近『俺の軍略で信長を追っ払いますか。
  まずは…。』





出た!左近〜〜〜ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
左近の前だ、無様な様は見せられん!
とばかりに気合い入れますが…。



太平道の奇跡を
張梁、張宝、張角が使い
奇術が炸裂する。(@_@;)



信長様は「無価値。」とか言ってますが
竜巻あたったら結構痛いですよ。(笑)



張角は火山を噴出させ
秀吉を喜ばせたりして
気分が高揚してきたのか




張角『おおっ!
  天の力が我にみなぎる!たぁぁ!』




左近『やってくれますね…。
  味方まで分断しちまうなんて…。
  張角さんとの連携を回復する!
  鶴賀城を落とせ!』






…左近、可哀相。(^艸^)
連携を回復って;
元から連携なんてしてないじゃん。(爆)



こりゃあ、もしや
烏合の衆ですか?Ψ(`∀´)Ψ




そしてそんな張角を撃破し
鶴賀城へ向かっていると
敵方に阿国さんが登場。




阿国『左近様は、
  じっとしときやて
  いうてはりましたけど…。
  うち、辛抱苦手どす…。
  ええ男探しにいきますえ!』





うわ!阿国さん本気モードです。(笑)
無双OROCHIの世界では阿国さんのナンパも
パワーアップしているようですね;


何か怖い〜。(T_T)
そんな阿国さんに関平で近付きます。



阿国『やあ、かいらし子発見や!
  お名前は?』
(←かなり狙っている)



関平『拙者は関羽の子・関平!』(←正直者)



阿国『ふーん。なら、平ちゃんて
  呼んでよろし?』
(←既に名前呼び!?)


  『平ちゃん、
  うちと二人で
  出雲に往にましょ?』
(←出た!)



関平『せ、拙者には想う人がいます。
  御免!』
(←正直者2)



阿国『くすっ、おぼこいこと…。
  かいらしわぁ。』
(←思い人がいようと関係なし)







流石、阿国さんですね。
問答無用でございます。
左近の釣り野伏という計略を無視して
ガンガン突撃してきます。(笑)




因にここ。
曹操と董卓との会話イベントが面白いです♪
まず曹操。




阿国『やあ、ええ男はんや…。
  うちと出雲に一緒に往のか?』




曹操『よかろう。
  だがまずこの戦、終えぬとな。』





うわぁ。流石、曹操。
女好き、人妻好きですからねぇ〜。
たくさん勧請もしてくれるでしょうし
良かったですね阿国さん。(笑)




お次ぎに董卓。


阿国『やあ、ええ男はんや…。
  うちと出雲に一緒に往のか?』




董卓『おお、わしに侍るがいい。
  可愛がってやるぞ。』




阿国『すんまへん、目の錯覚どしたわ。』





どんな男でも
美味しく頂ける阿国さんが辞退しましたよ!
阿国さんでも願い下げのようです。(^3^)



そんな阿国さんを撃破。



阿国『そないうちのこと
  好いてくれはるならお供しますえ。』







…好きだとは言っていないですが…。
まぁ、よしとしましょう。(^^;)



無双OROCHI究極攻略&設定FILE買いました〜。
詳細はまた後日!
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 19:43 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。