2007年06月07日

鋼鉄三国志 第九話 「若武者集いて、江東の山河に己を磨く」

今回の話は小休話って感じでしたね。
まぁそのおかげで色んなキャラの違う面が
みれたりしましたけど。(^3^)



街中の茶店で話している諸葛兄弟。


何を企らんで呉に来たのかと問う諸葛瑾に対して
呉の為に平和の為にとかわす孔明。



その返答に偽りしか感じられない諸葛瑾は
丁度居合わせた陸遜の見ている前で
孔明の髪を引っ張り上げ



『お前の勝手にはさせないよ。
あたしがいる限りはねぇ。』




と言って去って行きます。


うなだれる孔明に駆け寄る陸遜。
事の真偽を聞こうとしますが
孔明にこれから陸遜がいく合宿の話をされ
諸葛瑾との話題をかわされます。
(孔明様はかわし上手です(笑))



そして陸遜はいつも通り孔明に髪を撫でられ
合宿に参加するのは栄誉な事
期待していますよ。

と送り出してもらうのでした。



始まった合宿は
指南役に太史慈、
メンバーは陸遜、凌統、呂蒙、諸葛瑾。
(いつものメンバーですね)




そして先ほどの現場を陸遜に見られたのにも関わらず
いつもの態度と変わりない諸葛瑾。



陸遜は先ほどの事が気になって仕方ない様子。
凌統の話を全く聞いてなくて
凌統を怒らせてしまいます。(笑)



そして始まった強化合宿。


断崖絶壁をよじ上ったり
いかだの上で太史慈と戦ったり
目隠しで木々の間を走ったり
水の中で岩を担いで歩いたり…。





っつーか、
太史慈って金髪じゃなかったのか!?



今まで髪の毛と思っていたのは
髪の毛じゃなかったようです;
あれは兜の飾り毛で実際は黒い短髪だったよう;
びっくりですね。(^^;)



そしてその日の行程をおえ
呂蒙、太史慈は夕飯作り、
陸遜、諸葛瑾は蒔き拾い、
太史慈は魚釣り。


しかし夕飯にする魚を
たった一匹しか釣ってこれなかった太史慈。(笑)
嘆く皆ですが
そこは抜かりない諸葛瑾。
蒔き拾いをさぼっていたと見せかけて
大量の魚をゲットしてボロ小屋に戻って来ます。


おかげで豪勢な食事を満喫した
陸遜達。




その後、お風呂タイム。(爆)
いくら蒔きを燃やしても『温い〜〜〜!!』
と叫ぶ太史慈。


蒔きも付き、燃やす物もなくなったので
仕方なくボロ小屋の壁をひっぺがすと
誰かのお尻。
(笑)



それはお風呂から上がっている太史慈のお尻で
『早くお前達も入れ!風呂が冷める!!』
と息巻いてます。
ふんどし姿で



太史慈がそう言うので
皆もお風呂に入ると
とてつもなく暑い風呂。(やっぱり;)
呂蒙は太史慈の背中を洗ってました。



夜になると予想通り太史慈のいびきが五月蝿く
寝られない陸遜と凌統、
そして部屋から抜け出している諸葛瑾に気付いた陸遜は
彼も部屋から抜け出します。
(呂蒙は五月蝿くても寝ています。
いつも太史慈と寝ているから慣れているのか?(爆)



川のほとりで水面に映った月を眺めている諸葛瑾。
陸遜は声をかけ
孔明との確執を聞き出します。



陸遜『弟である孔明様をどう思っているのです。
  嫌い…なのですか?』




諸葛瑾『弟を嫌う兄などいるものか。』



その言葉を聞いた陸遜は安堵し
一応(?)諸葛瑾と和解をします。



そして夜明け前、太史慈に追われて走る面々。
崖から落ちそうになるが
丁度、朝日が輝きます。
太史慈はこれを皆に見せたかったようです。
(本当、青春。(笑))



合宿から戻って来た陸遜は
早速孔明に帰還の報告をしに庵に訪ねますが
『孔明様はまだ床の中』だと会わせない趙雲。



寝乱れる孔明が見れるのかと思いきや
ばっちり起きているじゃないですか、孔明様!!


このアニメならそれ位やってくれると
思ったんだがねぇ〜。
(笑)



その後陸遜は
軍議の為に軍議の間に向かいます。
すると廊下で凌統に会います。



『諸葛瑾が大変なんだ!!』



それを聞いてあわてて軍議の間に入ると
そこには周瑜に鞭打たれる諸葛瑾。
(サドっ気全開ですね、都督。(笑))



それでもまだ諸葛瑾は周瑜を罵り
周瑜もまた鞭を振るおうとしますが、
太史慈が間に入り諸葛瑾はその場を去り
周瑜も仕方なく鞭を納めます―。




…これって、例のアレでしょうか?
黄蓋を諸葛瑾にしたバージョンですかね。
三国志好きなら分かる。
三国志知らない人もいるかもしれないので
黙ってよう。(^^;)


次回は
「曹孟徳、赤き壁を駆りて孫呉へ迫る」です。
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 18:35 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼鉄三国志
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:鋼鉄三国志/第九話 『若武者集いて、江東の山河に己を磨く』
Excerpt: 品質評価 9 / 萌え評価 41 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 24 / お色気評価 39 / 総合評価 24<br>レビュー数 53 件 <br> <br> 魏との開戦を間近に控え、陸遜、凌統..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-24 15:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。