2007年05月29日

呉4章外伝「宛城の戦い」〜無双OROCHI〜

▼呉4章外伝 宛城の戦い



孫策らと行動をともにしていた家康は
孫策らと共に遠呂智軍を離反。
その後は遠呂智に抵抗する勢力の救援に
あたっていた。


家康は民らを助ける為に
宛城へ向かう――。




という事で家康と半蔵をチームに含めないで
戦闘スタート。(笑)
(因に蘭丸、濃姫、左近と
戦国だけのチームでいきました(^^;))




焼け落ちる宛城で
次々と現れる敵武将達から
民や侍女や村長達を助けて行きます。



すると現れたのはくのいち!!




「弱きを助け強気を挫く、
くのいち参上!!にゃはん☆」






きゃ〜〜〜、
くのいち〜〜〜〜!!ヾ(≧∇≦)〃




くのいちが出てくると
やたらテンションが上がるのは
くのいち大好きだから!!



とはいえ、無双OROCHIでは
ちょっとおとなしめですよね;
折角の復活なんだから
もっと台詞を用意してあげて欲しかったよ
コーエーさん。
(>_<)



でもでも、このステージでは半蔵の旦那と
楽しい会話があります♪




くのいち『おおっと、半蔵の旦那じゃ
    ござんせんかい!』




半蔵『…手伝え。』



くのいち『やっと認めて下さったんですね。
    うるうる。』





これこれ、このノリよ!!!(T_T)
くのいちはこうでなくっちゃ!!





そんなくのいちと連合して戦っていると
今度は麻呂が登場。(今川義元)





義元『ん?何やら暑いの。
  外で涼むかの!』







あ〜、可愛い〜〜〜。
癒されるわ〜〜〜。
(^3^)


しかしそんな場合ではないので
家康。





家康『義元殿、敵襲ですぞ。
  疾く疾くお逃げあれ!』




義元『家康殿か、よう参られたの。
  茶でも一服。』




家康『焦らぬ事は結構ですが
  のんきすぎますぞ。』
(ー_ー;)





いや、そののんきさが麻呂の良さですぞ。
例え性能は悪くても…。(爆)
(管理人は麻呂の扱いが苦手です;
キャラは好きなんだけど。)




するとその後は
ホウ徳、甄姫とお出ましです。
この時、甄姫と左近に会話があるんですが
甄姫を口説いているように聞こえないんですが
口説いてるのかな?(^^;)
(なんだそれ;)





左近『美しい音色だ。
  しかし、どこか哀しい…。』





甄姫『キザなことを仰るのね。
  死の調べをお聴きになる?』





左近『遠慮しよう。
  いつか俺の蛇皮線も聴いてくれるかな。』





左近、また蛇皮線ネタ?(^^;)
殿に下手って言われたのにぃ〜。(ー∀ー)
(まぁ、多分わざと
下手って言われるように
弾いていたとは思いますが♪)




そして全ての者を救出してクリアすると
戦後にはくのいちが仲間になってくれます♪




▼くのいち 選択可能



今日TVで中国の「変面」をやってました。
流石、中国の国家機密!
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 20:31 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 無双OROCHI
この記事へのコメント
家康メイン(?)のシナリオもあるのですねー^^
って、使用はしていないようですが^^;
義元はすっかりオバカな麻呂なのですね・・(TT
Posted by 元康 at 2007年05月30日 18:20
**元康さんへ**

このシナリオは結構、家康喋りますよ〜。
というか、呉の初期武将なので
会話イベントは結構多いですね。
使い勝手もいいので使えばいいのですが…。
まぁ、趣味の問題ですね。(笑)

そして義元はお馬鹿です。
いつみても。(笑)
でも癒されます〜♪
Posted by アオ at 2007年05月30日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。