2007年05月11日

忠勝の子供は忠勝にアラズ〜一心寺

今日は昨日の記事の続きです。
幸村の討死の地「安居神社」をあとにした
アオはその向かい側にある『一心寺』に出向きました〜。



この一心寺、
施餓鬼法要が年中無休で出来る寺として
有名のようですが
私アオの目的はそれではありません。



目的はこれ。




070505_1136〜0001.jpg




しゃもじです。(笑)
いや、違った。
こっちです。



070505_1126〜0001.jpg





このお墓は本多忠朝のお墓です。
そう、あの本多忠勝の息子(次男)です。


彼の事を簡単に説明しますと
大坂冬の陣で酒を飲んでいたため、
敵の猛攻に遭って敗退。


それを悔い大坂夏の陣で、
汚名を返上しようと毛利勝永と戦って奮戦したが戦死。



死の間際、
「戒むべきは酒なり、今後わが墓に詣でる者は、
必ず酒嫌いとなるべし」

と言ったとされることから、
死後「酒封じの神」として知られるようになった。



<ウィキより引用>




こんな忠朝くんですが
武将としての素質は長男よりも良かったようです。



で、くしくも幸村と同じく5月7日に亡くなった
彼も詣でておきました。



酒封じということで
一つ目の写真のしゃもじの裏に
『父が酒をやめますように』と無謀なお願いを書いて
吊るしてきました。(¥300)
(↓こんな感じに皆さん酒を封じるお願いごとや
誓約を書いて吊るしています)



070505_1141〜0001.jpg
<クリックで拡大表示>




その日の二つ目の目的を果たして
境内をぶらぶらしていると
こんな物を発見!




070505_1122〜0001.jpg





あぁ〜ん、東ぅ軍んんん〜〜〜〜??
アオは西軍贔屓ですので
写真を撮ってスルー。(爆)
(というか別にお賽銭入れもないし
木などで完全に隠れてました。
よくこれを見つけたと自分でも感心(笑))





その他家康にまつわる物といえば
北門付近に家康の馬をつないだとされる
「駒つなぎの松」の古木の株があります。
(寺の案内にも出ていないので
北門付近で自力で探して下さい。
見付けにくいです)




なぜ家康が馬をつないだのかというと
大坂冬の陣・大坂夏の陣で
この寺の近く、茶臼山に家康の陣を置いたからなんですね。



そう考えるとこの天王寺界隈は
結構、家康関連のものも多いかもしれませんね。
近くにある「堀越神社」もそうです。
(進んで行こうとは思いませんが(オイ))



その一心寺を後にして
次にいったのは四天王寺さん。
(大阪人は結構”さん”づけだと思われます)



070505_1224〜0001.jpg

(五重塔)



このお寺は聖徳太子建立七大寺の一つ。
聖徳太子は漫画の影響で好きなんですよ〜。(ー∀ー)
(『日出処の天子』は最高です!)




それに小さい頃は近所に住んでいた時期があったので
毎週父が私を連れて来ていたそうな。
(全く覚えてません(笑))



こちらでは義経が鎧をかけたとされる松
普通にありました。



070505_1224〜0002.jpg
<クリックで拡大表示>



四天王寺ではそれほど長居せず
帰ろうかとしていたら
知り合いの占い師さんとばったり遭遇。



んで、喫茶店に入って話をしていると…



『え、安居神社で写真を撮ったの!!??』




とかなりびっくりされました。
占い師さん曰く、
まぁ、良くないものが
写り込んでしまうようで…。(^^;)
近所の方も気味悪がって
あまり行かない神社だそうで;;;




それを聞いて




幸村が写ってるかも!!!!
と超テンション高くなったのは私だけだろう。(^^;)
(まぁ、多分なにも写ってないです;)




どうりでお祭りなのに
人が少なかったわけだ;




ってな感じで
私アオのGWでした!(^ー^)ノ





彦根城に行きたい今日この頃。ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 20:48 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 史跡巡り
この記事へのコメント
兄は慎重派で弟がイケイケ、というのは真田の兄弟に似てますね^^
とうか、信之と稲姫が結婚しているので、
幸村と忠朝も親戚にはなるんですかね〜・・・
同じ日に討ち死にとはこれも縁なのでしょうか。

Posted by 元康 at 2007年05月11日 21:39
**元康さんへ**

イケイケって表現に笑ってしまいました。(^3^)
何がどうイケイケなのかとか…。ぷぷ。

親戚同士で争うとは何とも無情なものですね。
いや、親兄弟で争う時代でしたね。(^^;)

小松姫(稲姫)は猛将伝のエンディングで子供を抱いていたりしてたので
2ではてっきり兄さんがキャラになるものとばかり…。
懐かしい思い出です。(^^;)


…信之さんを慎重派な美形なキャラで登場させて下さい!
コーエーさん〜〜〜!!(笑)
Posted by アオ at 2007年05月12日 09:01
私は普通にGWは引きこもりの毎日だったので(爆)
史跡めぐりをなさったアオさんが羨ましいです^^
本多親子と真田親子は何気につながりが深いですね。
東西なので余計に印象深いです。
小松姫は2になってから対象が信之ではなくなってしまったようで…(オイ)
私も少し残念でした。と、そのEDを見る前に弟が壊してしまったのですけれど……(泣)

酒嫌いになるのなら是非うちの父も連れていってやってください(は?)
張飛とかも一緒だとなおよしな感じがします。

そして日出処の天子は私も最近読み始めてます!!
なかなか安く古本で売ってないので4巻でとまってしまっていますが……(爆)
あのお話はいいですよね!!
最近のB○はああいう雰囲気が失われて嘆いている方を多く見かけます(何故に知っている笑)

占い師さんと知り合いなのは羨ましいです〜^^
私も占い大好きなので友達を作っておこうかな(爆)
Posted by 桃丸 at 2007年05月13日 18:37
**桃丸さんへ**

私もこれ以外は引き蘢りでしたよ。(^^;)
行きたい所は沢山あっても行ってくれる人間がいない
ですからね;
歴史好きな人が近くに欲しいこの頃…。(>_<)

そして稲姫のエンディングを見る前に大破していたのですね!
残念です;
そんなに早くに大破していたとは思ってませんでした。(T_T)

>最近のB○はああいう雰囲気が失われて嘆いている方

今のBLにはない雰囲気ですもんね〜。
私もあの雰囲気を見習いたいです。(笑)
構成力もすばらしいですしね。見習う所がたくさん!

>私も占い大好きなので友達を作っておこうかな(爆)

友達というか身内というか…ゴニョゴニョ。
そんな感じです。(^^;)なんだそれ;
Posted by アオ at 2007年05月13日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。