2007年04月13日

鋼鉄三国志 第一話「在野の孔明、深紅の陸遜を江東に放つ」

やろうかやるまいか悩んでいた
アニメ感想。


結局やる事にしちゃいました♪(^^;)
だって、やっぱり突っ込みどころ満載なアニメなんだもん
『鋼鉄三国志』は!!


このアニメのレヴューやらないで
何のアニメのレヴューやるの?って感じですし〜。



でも心配なのは地域によって放送曜日が違う事。
地域の方によってはネタばれ満載です;
ネタばれ嫌な方は後日読んでもらった方が
良いかもしれませんね。
(>_<)



では、本文いきましょう〜。





まず、度肝を抜いたのがオープニング!!


陸遜と孔明の見つめ合う顔がドアップで登場!






何!?
のっけからこんなにサービスしちゃって大丈夫ですか!?
(°口°;) !!



見つめ合うにも程があるよ!
あ、二人の全身が映った……!





ぬおぉ!二人絡み過ぎ!!(笑)
陸遜の腰に回した孔明の手がいやらしすぎる!!(爆)


師弟が抱き合う図ではないね、こりゃ。
師弟を超えた男達の図だよこれ。┐(  ̄ー ̄)┌



そしてどう見ても極悪人な孫策
どう見ても美少女な孫権
甘寧、凌統、太史慈、呂蒙、
笛を吹く美形兄さんは周瑜。



う〜む、オープニングからこんなに突っ込める
アニメだとは思わなかった…。




凄まじく腐女子向けなアニメだ!!(爆)


そして本編。




呉の国北部、
炎に包まれた集落。
敵兵の殺戮が続く中、陸遜は村の子供を救う。


敵兵に周りを囲まれ大勢の敵兵を
峰打ちでしとめていく陸遜。




「貴様は一体…。


深紅の炎烈鎧(エンレツガイ)まさか…!
貴様、噂に聞く紅の武者か…!」



そう、彼がこのアニメの主人公。
深紅の炎烈鎧を纏う陸伯言。(陸遜)
歳の頃は16くらいだろうか、
ひたむきで真っ直ぐな心を持つ少年だ。



少年の母親に礼を述べられ
笑みを返そうとした刹那、母親を襲う槍。
そのまま母親は息絶え、少年は声も出ない。


「何故殺した!?」
と敵に詰め寄るが峰打ちで済まそうという陸遜を甘いと罵る敵兵。


敵兵を倒し母親を失った少年の下へ歩み寄る陸遜。
しかし、炎烈鎧を見た少年は怯え、
駆け足で逃げていってしまう。





一方、宮殿の窓辺に佇む孫権。
周瑜から戦の状況を聞かされ国を憂いている。


「また、罪のない民が死ぬのですね。
何故、人は争うのでしょう。
乱世を止めるすべはないのですか?」




綺麗な顔して国の行く末を嘆いていますが
この孫権は酒を飲まんのだろうか?
酒乱で有名な孫権。


是非とも酒乱設定はそのままにしておいて欲しいものです。(笑)




そして星空の下
陸遜とその師・孔明。


陸遜は己の無力さを孔明に投げかける。


「孔明様、私はこの先どうすれば?」


「この旅を続けていれば
いつかそなたがそう問う日を待っていました。」


「陸遜、見つけなさい。
己の進むべき路を、己の進むべき天命を。」




そう言って弟子の陸遜の成長を促す師・孔明。
一夜明け、魏と呉の戦いを見つめる師弟。
数の上では魏の優勢。


しかし呉の陣から異様な気配を感じるとする陸遜。
そしてその弟子の言葉に笑みを浮かべる孔明。


玉璽の力で呉の天下を掴もうとする孫策。
おっさんな太史慈。
ちょっぴりお色気を備えた凌操。(凌統の父)


ただのむさいおっさんな周泰;
(孫権と周泰は史実から考えてもいい間柄だと思うのだが…;
これだけ美形ぞろいのアニメなのに惜しい事をしている;)

そしてただの筋肉馬鹿な黄蓋。(笑)



戦は圧倒的な玉璽の力により覚醒した炎烈鎧によって
制される…。
それは輝ける煌星(オウセイ)の光―。



その光を浴びた陸遜は
封印されていた記憶を呼び起こす。


その記憶とは
陸家は代々玉璽の意志を見届ける家系で
玉璽の力を欲していた孫策が陸遜の父を殺す現場。



衝撃を受ける陸遜、
それを見つめ、笑みをこぼす孔明。
(孔明、こんなのばっかり(笑))




早馬により戦況を聞いた曹操。




っていうか、曹操オカマ!?(・ε・||||)







めっちゃ、ピンク色の口紅ぬってますけど…。


喋り方もオカマっぽいので
「え〜っと、これが張コウ?」って思いました。(笑)


部下からの報告を聞き
玉璽の力に驚愕を覚えてます。



陸遜も自分の知られざる運命に驚きを隠せず
師である孔明に導きを乞います。


それをうけた孔明は
陸遜に巣立つ時が来たと告げます。


「呉に仕えなさい、陸遜。」



何の思惑があって父を殺した呉に仕えよというのか…。
しかし、陸遜も孫策が玉璽を扱えるか見定めるとして
孫策に謁見します。


しかし謁見中になぞの軍勢に襲撃を受ける孫策。
敵は玉璽を狙っている模様。
敵の攻撃を受け空中に放たれる玉璽。



煌星の光を受け
力が覚醒する陸遜。





玉璽を奪った敵を追いかける陸遜、
しかし逃げ足が早く追いつけないでいる。
「我が師よどうしたらよいのですか?」と回想の中で
孔明に問いかける陸遜。





つーか、この回想!!
どういう理由で弟子の髪をいやらしく梳かしているんだ孔明!(笑)
孔明の声を担当している子安さんの声が
お色気たっぷりなので余計にいやらしく感じるんだよね。(^^;)






そして別れの首飾りを陸遜に掛けてあげる孔明。
陸遜も本当の別れを感じたのか
孔明にすがりつきます。(笑)


そのすがりついた場所がもろに股間な気がするんですが
そこは突っ込んどくべきですかね?
私、調子にのって突っ込み過ぎ??( ̄Д ̄;)






「我が師よ、私は貴方と離れたくありません。」

「離れはしない。星が我らを結びつける―。」





素敵な師弟愛だこと揺れるハート揺れるハート



そして星を眺める孔明。


「星は動いたか。
ならば私も動こう――。」





第一回目にして既に怪しさ爆発の孔明。(笑)
どういう思惑があるのでしょうか。(^^;)




次回は「彷徨える陸遜、
呉の都に孫権を見出す」です♪
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 18:12 | 大阪 ☁ | Comment(8) | TrackBack(1) | 鋼鉄三国志
この記事へのコメント
この番組を知って(見てはいませんが)、
ずっと疑問に思ってた事があるのですが・・・
「鋼鉄」というのには意味があるのでしょうか?w

陸遜が主人公という設定が微妙な気がしましたが、
脇の人達がかなり魅力的なようですね^^
孔明は、心身共に陸遜を虜にしているようで・・・
陸遜を廻ってシュウユと三角関係になったりするのでしょうか?(爆)
Posted by 元康 at 2007年04月13日 21:34
こんばんは。

見たくてたまらないんですが、こちらではテレビ東京系が無いんですけど、BSジャパンでもやってないようですし、どうしたら見られるんでしょうか・・・。

Posted by きよくん at 2007年04月13日 21:42
お久しぶりです☆

以前のアオさんのブログで、「彩雲国物語」と「鋼鉄三国志」のことが紹介されてたので、気になっていたんですが、なんせ深夜なので、ビデオ撮り忘れて見れなかったんですよ〜・・・。

でもすごい内容っぽいですねw
次からちゃんとビデオ撮って見たいですねぇ〜。


あと土曜深夜(日付は日曜)に彩雲国物語の予告番組?みたいなのしますね。
それは見逃さないようにします!
Posted by みみりん at 2007年04月13日 21:48
おお!感想楽しみにしておりました!!
レヴューってかっこいい言い方ですね。真似てみます。レヴュー。

やはりOPから度肝ぬかれますよね!!
本当に絡んでいたのでびっくりです。距離が、0なんです…
思わず背後を気にしてしまいました^^;

そして孫権は
酒豪の癖に綺麗じゃないですか(反対)
極悪人の兄と、君達兄弟!?という感じです(笑)

もう話の内容にただただ呆然としておりましたので、
話の筋もかなり曖昧だったのですが、アオさんのおかげで見直すことをしなくてすみそうです^^
人間関係が素晴らしく……(笑)

実を言いますと私も第一話レヴューを下書きにしてあるのですが、
アオさんの地域の次回放送は何時ごろなのでしょうか?
私の地域では第二話がもう放送されてしまっているので、
ネタばれしてしまっては申し訳ございませんから……
Posted by 桃丸 at 2007年04月13日 22:30
**元康さんへ**

朝起きてパソコン付けたらたくさんのコメントがあって
ビックリしました。(笑)
コメント等は期待せず書いたものですから。(ただの自己満足;)

>「鋼鉄」というのには意味があるのでしょうか?w

私もずっと思ってました。
第一話を見た限りでは関係ない様に感じましたが
たぶん、武将達の纏う炎烈鎧という武器を指しているような気もします。(^^;)

>孔明は、心身共に陸遜を虜にしているようで・・・

そうなんです!孔明への心酔の仕方が半端じゃないです!
事あるごとに「師よ…。」ばっかり。
どれだけ頼り切っているのか計り知れないです。(笑)
まぁ、無双の陸遜も「諸葛亮先生。」とかよく言ってますから似たようなもんですかね。(^3^)
Posted by アオ at 2007年04月14日 08:18
**きよさんへ**

おはようございます。

そちらの方ではテレビ東京系は放送していないのですか〜。
今の所公式サイトでも他の局の話は出ていないので残念ですね;

では、レンタルでもして頂いて…。
驚愕の三国志をお楽しみ下さい♪(笑)
Posted by アオ at 2007年04月14日 08:22
**みみりんさんへ**

お久し振りです〜。(^ー^)

おぉう、見逃してしまったのですね!(>_<)
でもまだ始まったばかりなので大丈夫ですよ!
みみりんさんのお好きな子安さんもいますし
(お好きでしたよね?(違ってたらごめんなさい;))
是非、一度見てみて下さい!!

>あと土曜深夜(日付は日曜)に彩雲国物語の予告番組?みたいなのしますね。

そうなのですか!
それは見なければ!!
ここ最近アニメを見ていなかったので
アニメ番組をチェックするなんて新鮮な感覚だ〜♪

教えて下さってありがとうございます。m(_ _)m
Posted by アオ at 2007年04月14日 08:28
**桃丸さんへ**

楽しみにしていて下さったのですか!
有り難うございます。(^^;)

>本当に絡んでいたのでびっくりです。距離が、0なんです…

そう、0(ゼロ)距離射撃です。(笑)
しかもいやらしい絡み方だった…。
全身像を見た瞬間、吹き出してしまいましたもん。(>3<)

>もう話の内容にただただ呆然としておりました

私もです。
視聴中はずっと突っ込みまくりで
終わってみると
「あ〜、突っ込んだ突っ込んだ。満足満足。」
って変な満足感があり
記事書くまでに結局3回も見てしまいました。(爆)


ネタばれはゲームでもアニメでも映画でも
全く気にしない人間なのでお気になさらず記事をアップして下さい♪
楽しみにしております。
(因に大阪は火曜日の深夜放送です)
Posted by アオ at 2007年04月14日 08:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:鋼鉄三国志/第一話 在野の孔明、真紅の陸遜を江東に放つ
Excerpt: 品質評価 12 / 萌え評価 29 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 13 / お色気評価 6 / 総合評価 16<br>レビュー数 116 件 <br> <br> 戦乱の世を旅する陸遜は、呉と魏が..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-29 21:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。