2007年02月26日

「鍛錬の章・激」攻略!

皆さんは「鍛錬の章」の激。
どういったデッキでクリアされてますか?(^^)



今日は私の良く使うデッキを
晒してみたいと思います。(笑)
(多分やりこんでいる人からしたら
みたいなデッキ構成なんでしょうけど;)




始めに紹介するのは最近よく使うデッキ。


カク(伏)
テイイク(伏)
張春華(伏)
カイエツ(伏)

田豊(伏)
郭図(伏)
許攸
審配




という伏兵だらけのデッキ。(^^;)
これ、便利です。
負けた事がありません!!



配置はどっちかの端によせて審配以外を配置。
(審配は柵持ちなので城門の前)



そして戦闘開始とともに
敵の城壁に突撃させるだけです。
難易度・激の敵のデッキは高武力が多いので
総じて知力が低く、
伏兵に触れるだけで瞬刹出来るので便利♪



後は7部隊で城壁に張り付くだけ♪(^3^)




もう一つのデッキは


許攸(攻城兵)
田豊(攻城兵)

公孫サン
朶思大王
何太后

審配
逢紀(攻城兵)





という攻城兵を三部隊も投入したデッキ。
(公孫サンは戦器必須。
戦器によって移動が早くなる騎馬ならどの武将でも良い




これも配置はどっちかの端によせて審配&田豊以外を配置。
(審配は柵持ちなので城門の前)
田豊は伏兵状態で反対側の端。




そして戦闘開始とともに
敵の城壁に突撃させるだけです。


しかし一つ気をつけなければならないのが
何太后の位置。



彼女だけカード一枚分くらい城壁から離して下さい。
城壁から離す事によって
城壁近くの乱戦に巻き込まれずに済みます。


そして味方の兵力が減って来たら
計略の「回復」を使って味方を回復。



ただし
味方の武力は0(ゼロ)とかになりますけどね!(爆)



でもこれだけの部隊を突撃させれば
敵が撤退するまで持ちこたえれますので
なんとか大丈夫。(^^;)



持ちこたえれなくても
伏兵状態にした田豊が敵に気づかれずに攻城してくれますので
高確率で攻城兵を城門に取り付かせる事が出来ます♪



あと、乱戦になったら逢紀で
敵兵を巻き込んで「自爆」もいいですけどね♪
低士気で実行出来ますし。(^ー^)



この記事が参考になった方は
クリックお願いします!
ya.gifrank_006.gif





posted by アオ at 19:31 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志大戦DS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。