2006年12月11日

『天の華・地の風』復刊決定!

今日は嬉しいお知らせがあります!
このブログでも4本の記事をさいて紹介した


絶版小説、入手困難の



『天の華・地の風』江森備(著)の復刊が決定しました〜!!!





いやっほ〜い♪ヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃



って事で、まずソースを。↓


復刊ドットコム活動レポートより

2006年12月 8日 (金)


復刊活動:「私説三国志 天の華地の風

「私説三国志 天の華地の風」にリクエストをいただいていた皆さま、
おめでとうございます。

著者の方とお会いし、復刊のご許可を頂きました。
来年半ば頃の刊行をめざして、これから諸検討に入ります。
ご期待下さい!





復刊ドットコムの皆様
有り難うございます♪
m(_ _)m





って、ゲーム以外の記事を読んでいない方には何が何やら
って感じかもしれませんが;
この小説は私の大好きな孔明が主人公の小説です。



内容的に男性の同性愛が含まれているので
男性の方は読みにくい内容かもしれませんが
流麗な文体で読みやすく
大変面白い物語となっております。



<天の華・地の風 関連の記事はこちら>

『私説三国志 天の華・地の風』 江森備 (一本目)

『私説三国志 天の華・地の風』 江森備 (二本目)

『私説三国志 天の華・地の風』 江森備 (三本目)

『私説三国志 天の華・地の風<外伝>』 江森備 (四本目)




上記の記事を読んで頂ければ
私がどれだけこの小説が好きかが分かっていただけると思います♪



管理人アオ大絶賛の小説となっていますので
本屋さんに並んだ際には
是非とも手に取ってみて下さい!!
(>_<)



もう、オークションで
高い金払って買う必要がなくなりますよ〜!!(笑)



この記事が参考になった方は
クリックお願いします!
ya.gifrank_006.gif



posted by アオ at 20:09 | 大阪 ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | 歴史本
この記事へのコメント
アオさんの風邪もぶっ飛びそうな、吉報ですね!!(笑)
書店で普通に入手できるということは、
お奨めのし甲斐もあるってものですね(o^-')b

「復刊ドットコム」などという組織が活動しているのですね・・・
初耳ですが、世の為人の為になる素晴らしい活動ですね^^
Posted by 元康 at 2006年12月11日 21:53
こんばんは。

>男性の同性愛

リアルなのでしょうか。それならちょっとNGですが・・・。

ただ、史実では(日本も含め)武将同士であったことは間違いないのである意味正しい歴史なのかもしれないですね。

ちなみに僕は
「恋姫†無双〜ドキッ★乙女だらけの三国志演義〜」(18禁)なるゲームを買うかどうか非常に悩んでいます。
普段この手のゲームはまったく興味がないのですが、内容が三国志演義なので迷っています。どうしたらいいのでしょう(笑)。
Posted by きよくん at 2006年12月11日 23:23
**元康さんへ**

この話を知った時には一時、胃の痛みを忘れましたが
治るまでには至ってません。(^^;)

しかしながら本屋で入手出来るとなると
途中退場した元康さんも読める機会が増えたということで…。



禁断の世界に再びいらっしゃいませ。(笑)

>「復刊ドットコム」などという組織が活動しているのですね・・・

実は、お気に入りリンクの最下部に復刊のリンクがあったりします。(笑)
相互リンクをして頂いていたんですが
団体が変わり相互リンク機能がなくなったので
近々リンクを撤去する予定です。(爆)

しかしながらこの復刊さんは
多数の本を復刊するお手伝いをして下さるので
元康さんもお探しの本がありましたら復刊投票してみて下さい♪
Posted by アオ at 2006年12月12日 08:46
**きよさんへ**

おはようございます。
中国から始まった禁断の世界小説にコメント有り難うございます。(笑)

>リアルなのでしょうか。それならちょっとNGですが・・・。

詳しい事は4本の記事を読んで頂いた方がいいのですが
少々リアルです。(笑)
でもこの「少々リアル」という感じ方は
その手の本を読み慣れている私だからであって
初めて読む方にとっては…。
ちょっと無理と感じるかもしれませんし、
反対に禁断の世界に目覚めるかもしれません。(笑)

でも濡れ場も綺麗に書かれる作家さんなので
そこをクリアすれば歴史的な背景も盛り込んだ小説なので
読み応えはあると思いますよ〜。
(実際に男性でもファンの方はいますし!)

>ちなみに僕は
「恋姫†無双〜ドキッ★乙女だらけの三国志演義〜」(18禁)なるゲームを買うかどうか非常に悩んでいます。

コレは貂蝉がアレなゲームですね。知ってますよ♪
ネタとしてもとっても興味があるので
是非、買って下さい!(笑)
絵も可愛いし、とっても面白そうです。
(この手のゲームに面白そうってのもなんですが;)
Posted by アオ at 2006年12月12日 08:59
お〜〜!!これは良いニュースですね (≧▽≦)Vv
おめでとうございます!私も嬉しいです!

復刊ドットコムさん、どうもありがとうございます。
諸活動、ご苦労様でした m(_ _)m
来年半ば頃の刊行をめざして〜ですか。
早く書店に並ぶといいですね。今から楽しみです♪

5巻までしか持っていないので、これを機に全部揃えますよ (^ー^)
6巻以降は、市立図書館から2回借りて読みましたからね〜(笑)

ところで、装丁とかはどうなるんでしょうね?
表紙や挿絵のイラスト、大好きだったんです♪
図書館に返却する前に、各巻の表紙のカラーコピーをとっておいたくらいですから。(オイ!)
Posted by まるごー at 2006年12月12日 12:00
 今思い出したのですが、25年ほど前、男性青年向け雑誌「GORO」に、孔明が主人公の「青春の尻尾」というマンガがあったのですが、アオさん、聞いたことありますか?

 内容は僕の記憶では、当時小学校高学年の僕には近寄りがたいものでした(笑)。

 
Posted by きよくん at 2006年12月12日 19:07
**まるごーさんへ**

一度でも読んだ事がある人なら嬉しいニュースですよね!
まるごーさんにも喜んで頂けて記事にした甲斐がありました♪

装丁などの話は全く出ていなかったので
どうなるのか分かりませんが
小林さんの絵は人気が高いので
変わる事は無いと思うんですけどね〜。
どうなんでしょう;
また何か情報が出てきたらお伝えしますね♪

しかし、その小林さんの絵も
後半の巻になると挿絵がなくなっていましたが
挿絵が増えていると嬉しいですね!
(って、新装版も買うつもりか私は;)
Posted by アオ at 2006年12月12日 20:56
**きよさんへ**

全く知らなかったので
ちょっくら調べてきました!

…。(笑)
確かにネタにするのは面白いですが
意味不明な箇所がたくさんありますね。(爆)
お薦めしない。って書いている人もいますね。(^^;)
蒼天航路の孔明は好きですがこの孔明はどうなんでしょ。(笑)
(あ、未だに全巻集まっていません;
早く全巻読みたいです><)
Posted by アオ at 2006年12月12日 21:08
…キタ!

遂に、またこの小説が日の目を浴びる日が来ようは…!!

最初の方はジュネで連載されてたんで小林さんの挿絵が豊富でしたが、
最後の方は装丁と最初の1P目だけに絵がついてましたね…。

復刊されたら書き下ろしの絵がついてこないかな〜…。
だとしたらまた揃えます!(笑)

Posted by 小紋太 at 2006年12月15日 00:46
**小紋太さんへ**

そうなんです、ついにキタ!です♪
地道に宣伝活動したかいがありました。(笑)
この小説を好きな者同士として嬉しいですよね!

>復刊されたら書き下ろしの絵がついてこないかな〜…。
だとしたらまた揃えます!(笑)

そうなんですよ、それがある意味問題;
書き下ろしで絵があったら…また買っちゃいそうです。(^^;)
Posted by アオ at 2006年12月15日 09:08
はじめまして!通りすがりの天華ファン、まると申します。天華復刊、まことにめでたいですね!私はこの作品のかなりコアなファンで、なにしろ、J誌でリアルタイムに第1話から読んでおりました(年がバレるな・・・)。全9巻、番外編、桃始笑とみな持っています。でも、復刊したら嬉しくてまた揃えてしまうかも(笑)。書下ろしとかあった日には、踊ってしまいそうです。
内容が内容ですからしかたないですが、ぜひ、男性にも読んで頂きたい!どうしても男同士という壁を越えられない方、いっそもう孔明のことを女だと思って下さい(暴言)!魏延の、孔明を思う気持ちには、男性でもグッと来ると思います。同じ男として、ここまで人を愛せるか!?・・・自問自答してみてください。・・・なんか、話がずれてごめんなさい(ペコリ)。

Posted by まる at 2007年01月07日 12:40
**まるさんへ**

初めまして、まるさん!
コメント有り難うございます♪(^3^)

まるさんはリアルタイムで読まれていたそうで、
流石にコアなファンと豪語されるだけはありますね!
師匠と呼ばせて頂きます。m(_ _)m平伏

>内容が内容ですからしかたないですが、ぜひ、男性にも読んで頂きたい!

私も全く同意見でして、
だからこんなゲームブログなのに熱く語った次第であります!
復刊された暁には男性の方で読みましたって方が現れてくれる事を信じております。

>魏延の、孔明を思う気持ちには、男性でもグッと来ると思います。同じ男として、ここまで人を愛せるか!?

もう、あの愛情を遥かに越えた愛は
私の文章では言い表せないですが本当に胸が熱くなりますよね!(>_<)
この作品は本当に心からお薦め出来る作品です。

復刊の日付などはまだ決まっていないようですが
楽しみで仕方ありませんね♪
熱い想いを語って頂いて有り難うございました〜。(>3<)
Posted by アオ at 2007年01月07日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。