2006年10月06日

三国志の面白ことわざ〜。

今日は趣向を変えて
三国志にまつわることわざを紹介したいと思います♪


本家中国で使われていることわざは、
武将にピッタリ合ったものや
ちょっと意外なことわざ等…。




武将達の素顔を余す事なく伝えていきましょう!(^ー^)




『陰険毒辣莫過于曹操』

漢字なので何となく意味は伝わるかもしれませんが(^^;)
意味は、


陰険で悪辣な者といえば曹操の上をいく者はいない
という意味。(笑)



でも私の中で曹操は
そんなに悪辣ってイメージはないんですけどね〜。


無双の曹操が
『小憎らしいやつ!』って言うじゃないですか。


あの台詞がやけに可愛く聞こえるんです。
たぶん私だけだと思うんですが。(^^;)




お次ぎに孔明に関することわざ。


『聡莫過于諸葛亮』


意味は、
諸葛亮より賢い人はいない。




ふふふ、当たり前だっての!!(^3^)


他には

『孔明七擒孟獲』
心から心服させるの意味)


『三顧茅盧』
こっちに中々来てくれないという意味)




蜀つながりで関羽に関することわざは
ちょっと酷い。(笑)


『只講過五関、不講走麦城』
功績だけ話して失敗は話さないという意味)


確かに無双でも「関羽千里行」のステージもあるくらいだし
関羽の一番の活躍(?)所って気もするけど;



『喫曹操的飯、于劉備的活』


これは、曹操の飯を食べて劉備の仕事をする
ということで、意味は「二心を持つ事」。



酷い言われようですね;



その関羽の兄者、劉備はというと…。
もっと酷い。(笑)


『劉備的江山』
劉備の天下は人の同情を買って成功する


『劉備借荊州』
借りたまま返さない



人徳の劉備も形無しです。(=_=;)
借りパクされた時には一言いってやって下さい。(笑)



他の武将にまつわることわざもあるので
また記事にしたいと思います♪


      dance.gif
この記事が参考になった方は
クリックお願いします!
→ rank_006.gif



+++参考書籍+++




+++続刊+++


posted by アオ at 20:04 | 大阪 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史ネタ
この記事へのコメント
大変勉強になりました!!!
自分、こういうの大好きです!!
『陰険毒辣莫過于曹操』
はちょっと心外だと思いましたが、
『劉備借荊州』
には大爆笑です!!!ほんと、的を射ています。
しかし蜀は孔明関連以外凄いですね……………
日本では神格化されていても本場中国では結構グサッと本音を吐いてしまうのかも………
そういうのもさばさばしていて大好きですがw
私も一つ作りました!!(?)
『麗莫過于周瑜』
頭では諸葛亮に先を越されてしまったので………だぶらないようにしました。
わざわざエキサイトの翻訳で意味を調べてから作りました;
(美だと=米という意味になってしまっていて、麗で調べて見たら=美だったので採用しました。
ということは、美周郎は………………(ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!)
日本では「白眉」「泣いて馬謖を斬る」などしか言われないので、なかなか新鮮ですね。
今度から日常でも「それは劉備が荊州を借りたようなものだ!」とか使ってみようと思います。
Posted by 桃丸 at 2006年10月06日 23:11
ご無沙汰してしまってスミマセン!!

そんなことわざがあるんですか!!
どれも初めて知りました〜!!
(↑無知大魔王)

劉備の扱い、ひどいですねぇ(ノ▽`*)
中国人のシビアさを垣間見た気がします(笑)

>借りパクされた時には一言いってやって下さい。(笑)

そうですね☆ぜひ……(*>∀<*)

……。
……。
……よ…読めません、先生……(←ホント馬鹿w)

バトンもまたありがたくいただきます☆
このネタ不足には、ありがたいご指名です♪(笑)
旅行から帰りましたら、答えさせていただきます〜(*´∀`)ノ
Posted by アリサ at 2006年10月07日 00:07
**桃丸さんへ**

楽しんで頂けましたか〜♪
「米」周郎のことわざも本に載っていたので
早ければ今日の記事で紹介しますね。(^ー^)
(桃丸さんと周瑜の逆鱗に触れそうですが;)

>日本では神格化されていても本場中国では結構グサッと本音を吐いてしまうのかも………

神様として崇められている関羽でさえ
この有様ですからね;
本場は本場なりの見方があるのでしょう。(^^;)
Posted by アオ at 2006年10月07日 09:41
**アリサさんへ**

お久し振りです。
ブログの更新具合をみていても忙しそうで体調は大丈夫だろうかと
心配しておりました。(>_<)

三国志の武将を扱ったことわざは結構あるようです。
そう考えると、日本の戦国武将を扱ったことわざは
ないのかな?なんて思ってしまいます。
(あ、半兵衛のはあるって桃丸さんが記事にしてました;)
今度調べてみましょうかね〜。(^〜^;)

>……よ…読めません、先生……(←ホント馬鹿w)

桃丸さんに習って
「それは劉備が荊州を借りたようなものだ!」でどうぞ。(笑)
相手には通じなくても自分的にはスッキリするかと。(爆)


バトンも受け取って頂き、有り難うございます。m(_ _)m
お暇な時にでも記事にして下さい☆
Posted by アオ at 2006年10月07日 09:53
僕も「劉備借荊州」にニヤリとしてしまいました!笑
蜀…酷い言われようですね。曹操の飯を食いながら劉備に仕える関羽…なんか無理矢理に悪意のある解釈してませんコレ?
「曹操捕忠劉備」(敵に捕まりながらも主に忠義を尽す)とかにすればいいのに。
でも面白かったです!
Posted by at 2006年10月07日 12:31
**京さんへ**

皆さん、突っ込み所が同じなのが面白いです。(^3^)
誉めたことわざもあるんでしょうけど
本に載っていたのが、こき下ろしたものばっかりだったので
私の記事もそんな感じに…。(笑)

>「曹操捕忠劉備」(敵に捕まりながらも主に忠義を尽す)

いいですね!!
これで関羽も浮かばれるでしょう。(^ー^)
Posted by アオ at 2006年10月07日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。