2006年06月13日

夏侯惇、変人に囲まれる〜雀・三國無双〜

さてさて、今日の記事
無双伝 ステージ3の対局者は一体…。



『貴様と再びまみえる日を待っていた!!

今日の俺は桃園への憧れなどに
囚われてはいない!!
ただ一人の正義の士として貴様と戦う!!!』



まぁ、言わずもがな馬超です。(笑)


そこにやって来たのは…。


甘寧『うるせぇ奴だなぁ…。
  きゃんきゃん吼えて楽しいか?あん?』




こら!甘寧!!
そんな喧嘩腰になって!!
(@_@;)



馬超『この俺を侮辱するか!(怒)

  貴様…、その風貌、その態度…。
  どこから見ても正義に仇なす者!!むかっ(怒り)

  この馬孟起の刃で成敗してくれん!!!』



ぎゃ〜〜〜〜、
やっぱりこういう展開かい!!
(ー_ー;)


甘寧『お?やるか??
  やろうってんだな?

  すぐ熱くなる奴は大好きだぜ!
  来いや!


  その馬鹿みてぇな鎧
  へこましてやらぁ!!』



ぷっ、馬鹿みたいな鎧って…。(爆)
言い過ぎだろ、それ。(^^;)


その二人の騒ぎを聞きつけてやって来たのは夏侯惇。


『ええぃ!騒がしい奴らめ!

いや、こういう手合いは構った方が負けだな
構わず貴様との勝負を楽しむとしよう。行くぞ!!』




って事で対局スタート!
今回も一回目でクリア。


対局後の会話――。


馬超『なんということだ!!
  
  一度ならず二度までもこの俺が…
  正義が屈してしまうとは…。

  もはやこの天下、
  闇につつまれたも同然か…。』



闇に包まれたって…。
貴様!私を誰と心得る!!
実はブログを三つやってるアオ様だぞ!!
(本当の話です。(笑)名前とかは違うけどね。)


夏侯惇『うちは変わり者ぞろいで難儀しているが
   どこも似た様な苦労はあるようだな…。

   まぁ、貴様とまた打てただけでも来てよかったか。』



うん、どこも結局「変人」はいると思うよ。
でも魏が一番濃いキャラが多い気もするが…。(笑)


      dance.gif
ランキング投票ボタンです♪
この記事が面白かった方はクリックお願いします!
→ rank_006.gif





posted by アオ at 20:24 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 雀・三国無双
この記事へのコメント
甘寧ははたから見ればそのまんまヤクザというか、不良というか………
それに真面目に正義の刃で成敗しようとしている馬超も馬超ですね………
態度と風貌には吹きましたw

甘寧・馬超ときてなぜ夏侯惇なのかがよくわかりませんが(そもそもこの3人の組み合わせって一体)
馬鹿二人の相手役ですね。惇は。
惇ってなんだかよくわからないけどボケというか馬鹿の面倒を見ている感じがする…………
(曹操・左慈の時も然り;)
Posted by 桃丸 at 2006年06月14日 10:27
**桃丸さんへ**

>甘寧・馬超ときてなぜ夏侯惇なのかがよくわかりませんが

私もよく分かりませんでした。(^^;)
でも桃丸さんの書かれていた通り、
毎回、対局者2人(3人)に対してツッコミ一人という
可哀想な状況ばかりです。(哀)

そういう役が定着しつつあるんでしょう。(笑)
Posted by アオ at 2006年06月14日 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。